忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

僕はちょっとものしり (作 ブーハさん)

小学3年の息子は,自分のことを「ちょっとものしり」と言っています。それに,幼稚園以来担任になった先生はどなたも「○○君は,難しいことをよく知っています」と言います。(幼稚園のときの名言は,「水が蒸発した」でした)家族の誰もが子ども相手に難しい言葉を使うことが多くて,息子も楽しんで意味を聞いているといった感じです。それに,やたらとテレビの教養番組を観るのが好きで,新しいことを知ると家族に報告しにきたり,わからないことをよく尋ねてきたりします。そんな彼に私も意識して小難しいことを教えて楽しんでいるのです。
「ジャジャジャジャーン」で始まる名曲。
彼に「この曲何だ?」と尋ねる人がいたら,びっくりするか,首をかしげるかどちらかでしょう。びっくりした人は,クラシック通の人。首をかしげた人は,あまりくわしくない人。
なぜなら,彼は「べーとーべんのごばん」と答えるからです。
誰もが知っているクラシックの定番のこの曲。正確に言うと,ベートーヴェン作曲の交響曲第5番です。俗に言う「運命」というのは,日本だけの言い方です。冒頭の「ジャジャジャジャーン」の意味を尋ねられたベートーヴェンが「運命は,かく戸を叩く」と答えたとかで,こういう愛称がついたようです。この名前がなかったら,こんなに有名でなかったかも知れません。
ところで,その昔,「今度,ブラームスの5番を演奏します」と言われて首をかしげたことがあります。ブラームスは,交響曲を4番までしか書いていません。これは,何の5番でしょうか? 答えは,ハンガリー舞曲の5番でした。
「誰の何番」と言う場合,それは交響曲第何番という意味だということが暗黙の了解なのだと思います。だから,「ブラームスの5番」と言われて意味不明となるのでしょう。
さて,話が初めに戻って。
近く行われるアマチュアオケの演奏会の券が2枚手に入りました。うちには,小学3年生の息子の他に,幼稚園児の娘と,10ヶ月になる息子がいます。入場できるのは,小学生以上。託児できるのは,1歳以上の未就学児。どうやっても,10ヶ月の息子はお留守番です。(よもや,ばあちゃんに子ども3人をお願いして,夫婦で出かける勇気はありません)
そこで,下の二人はお父さんにお願いして,ものしり息子を初めて演奏会へ連れて行くことにしました。
では,行く前に彼にプログラムを教えておきましょう。
 「エルガーの威風堂々第1番,チャイコフスキーの白鳥の湖,それから,チャイ4とタコ5だよ。」と・・・
PR
with Ajax Amazon