忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

オルガンの響き

先日の日曜は、豊田まで、長久手フィルの定期演奏会を聞きに行ってきた。
いつもは長久手市文化の家で開催されるのだが、今期は、改装工事と重なってしまったため、市外遠征となった。
名古屋のホールへ打って出るかと思いきや、豊田! 渋い選択だと思う。
豊田のホールは小ぶりながらもパイプオルガンを備え、よく音が響くホールなのだ。
そして駅から近い。屋根付きの直通通路が通っていて、その道はいくつもの商業ビルともつながり、町の見晴らしを楽しんでいるうちに、ホールの建物に着いてしまう。
難を言えば、車で来たとき、駐車場探しが面倒なくらいか。





今回のプログラムは……
ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」
ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」より抜粋
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」

派手なタイプの曲が得意な長久手フィル、今回はフランスもので攻めてきた。
(たぶん、7年前にベルリオーズ「幻想交響曲」をやった時以来)
もちろん、「オルガン付き」ありきの選曲だったと思うので、とても妥当なプログラムだと思う。
気になるのは、どうやって長久手フィルがこのプログラムを料理するか。
イケイケどんどんな派手な曲が得意で、ベートーベンやブラームスではどうしても苦戦してしまうこのオケが、今回はどんな音を聞かせてくれるのか、楽しみににして出かけた。


「ローマの謝肉祭」は、あの「幻想」の作者、ベルリオーズによる演奏会形式の序曲。
ベルリオーズは管弦楽技法の本を書いているくらいなので、楽器の使い方はとても色彩豊か。
オーケストラは健闘していたが、音楽に命を吹き込むまで、あと一息、な感じがする。

「コッペリア」は人形に恋をしてしまう青年を中心に周囲が大騒ぎするという、まあ、一種のコメディ。
その付随音楽なので、物語の雰囲気が伝わってくるかどうか心配していたら、ちゃんと伝わってきた。
全体的にまったりと進む音楽だったが、チャーミングな曲だし、あちこちに小技が仕込んであるのが楽しい。
特に第4曲など、人形が踊っているのかな、と思わせる雰囲気がお茶目だった。
(ああでも、弦楽器のピッチの幅が広いのだけが残念 >_< )

そしてお待ちかね、「オルガン付き」ですよ。
豊田のホールにパイプオルガンが備えてあることは知っていたが、音を聞くのは始めて。
というか、パイプオルガンの生音って、愛知芸文センターのしか聞いたことがないのね。

見た目はアンティーク調の豊田のパイプオルガン。
響きは完璧でした。
おそらくここのホールはオルガンの響きが最適になるように設計されているのだろう。
ほんのわずかな濁りもない和音が上から降り注いでくる。
豊かな低音が、内臓に響いてくる。
神様の楽器だと言われたら納得しそうなレベルだ。
オルガニストの後ろ姿も格好良かった。座っている姿がもう、演奏の一部なのだ。

肝心のオーケストラはといえば。
1楽章出だしのテーマ音型こそ、トラップ(実は小節の冒頭が16分休符)に引っかかって弾きにくそうだったけれど、後半に入ってからとても雰囲気が良くなった。
ゆったりとしたアダージョの音楽をちゃんと聴かせてくれる。
2楽章冒頭はひたすら格好良く、途中で低音から高音へ駆け上がるピアノはキラキラしているし、パイプオルガンの響きは先に書いたように完璧だし、色彩豊かで、ああ、オーケストラと音楽が一体になっているなあと感じる良い演奏だった。
きっと指揮者の指導が素晴らしかったのだろうし、オケもよくついていったのだと思う。

アンコールは、ラヴェル「亡き女王のためのパヴァーヌ」。
自分的に最高の選曲。
ところが、非常に残念なことに、時間の都合で、ロビーで聞くことになってしまった。
(なぜそうなったかは、恐らく次の記事で明らかになるかと)
いや、ラヴェルはむしろ弾きたかったですよ、ホントに……_| ̄|○

PR
with Ajax Amazon