びおら弾きの微妙にズレた日々

2019年振り返り

忙しすぎてよくわからないうちに終わりかけている2019年、何があったのか一度はきちんと振り返らないと、本当に記憶の彼方に失せてしまいそうなので、取り急ぎまとめてみた。

まずはわかりやすく、今年足を運んだ展覧会や演奏会の記録から。



愛トリおかわり(あいちトリエンナーレ2019)

これまで延々と続いてきた愛トリレポート、豊田会場の紹介で終わる予定だったが、終了間際に全企画が復活することとなり、10月8日以降展示作品すべてが見られるようになった。たいへんめでたいので、愛知県美術館へもう一度足を運び、2周目を楽しむ。


エキソニモ《The KIss》
本来はそんな意味で作られたわれではないだろうが、今のタイミングだと全展示復活を祝っているようにも見える。

トリは豊田で(あいちトリエンナーレ2019)

あいちトリエンナーレ会場で最後に紹介するのが豊田。実は、いちばん最初に見に行って感激したものの、時間の都合で豊田市美術館だけ見て帰り、まちなか会場は最後になった。「残り物には福がある」というが、まさに言葉通り。
わかりにくい会場構成ではあったのだが、ボランティアさんたちが親切で説明は丁寧だし、声をかけてくれるタイミングが最適だった。

本家より面白いかも

今年の愛トリは、炎上した割には実際の展示は拍子抜けの印象がぬぐえないが、実は意外なところにかつてのトリエンナーレの面白さを彷彿とさせる展覧会があった。


「瀬戸現代美術展」

※愛トリの連携事業ではあるが、サテライト会場ではない。念の為。



大名古屋展覧会(?)(あいちトリエンナーレ)

メイン会場は攻略した愛トリ、こんどはまちなか会場へ。今回のまちなか会場は、名古屋のディープタウンの一つである、円頓寺商店街&四間道。
名古屋城の西側にあって古くから賑わった地域だが、昭和の時代に繁栄したアーケード街の例にもれず、一度はシャッター街となった円頓寺商店街。今は再生プロジェクトが成功したアーケード街のひとつだという。

 

商店街に垂直に交わり堀川と並行して走る四間道は、古い商家や蔵がならび、歴史を感じさせる通りで、その昔防火対策として道幅を広く取り(四間≒7メートル半)、両側に火に強い蔵を並べたのだという。