びおら弾きの微妙にズレた日々

欧州貴族の家族写真はたぶん最初からセピア色

友人と、地元のカフェで開かれている写真展へ行ってきた。
写真家・竹谷出氏による「光の庭」展。(※展示期間は2019.3.7~3.25)

鶏卵紙という、フランスで発明され19〜20世紀初頭まで主流だった印画紙を用い、竹谷氏の庭で育てられている植物が被写体となって撮影されている。印画紙の特性上、どれもが味わい深いセピア色。




色の階調や濃度は、感光時間によって調整するそうで、鶏卵紙作りも合わせて大変な手間ひまがかかっている。

写し取られた植物は、セピア色の淡い階調のためか、まるで時間を超えてやってきた草花の精霊とでもいうべき幽玄なたたずまいを見せる。実体はどこへやら。写真と絵画の境にあるかのような不思議な作品だった。

セピア色というのはなぜか「過去」のイメージと強く結びついている。カラー写真が色褪せればセピア色になるから、というのは一理あるが、たとえば19世紀の有名人(学者や芸術家など)の写真が必ずと言っていいほど見事なセピアカラーであるのも一因なのだろう。もっとも、彼らの写真は撮影当初からセピア色だったわけだから、セピア色=過去というイメージが生まれたのは、せいぜいこの100年くらいの間ではないだろうか。

この写真展が開かれている場所というのが、なかなか素敵なカフェで、店内には70年代を彷彿とさせる数々のガジェットを始め、大量の本が並んでおり、どれもこれもガイブン好きにはたまらない本ばかり。一日居座って本を読み漁れたらどれほど楽しいかと思う。さらにたまらないのが、クエイ兄弟の作品がずっとブラウン管のディスプレイに流れていること。そう、あれですよ。ストリート・オブ・クロコダイル。

カフェって、コーヒーやお茶をくつろいで頂く場所だけども、心置きなく楽しむには味だけでなく空間の雰囲気も大事なので、空気感がまるっと自分の好みと合うと、これはもう大事な隠れ家を見つけた気分になる。高級感とか丁寧さとは別の次元で、好みに合う合わないはあるのだ。
あまり宣伝しすぎて、お客が殺到するような事態を招きたくないので、できれば店名の公開は控えたいのだが、でもいちおう書き残しておく。気になる人は検索を。

VOUSHO Coffee Factory
瀬戸市銀杏木町1番地
13:00-20:00 火・水定休 
最寄駅:名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅 徒歩7~8分
Pはお店の前に4台程度






びわ湖のほとりに建つホール

今回は、純粋に旅の話。
本番の10日前になって、よしびわ湖までジークフリート公演を聞きに行こう! とチケットの手配をし、無事に手に入れたものの、どうやって現地まで行くか少し考えた。車でも行けるし電車でも行ける距離。交通費は車のほうが安いが、時間的にはさほど変わらない。


が、さほど迷いもせす(金銭的には少々痛いが)電車を選んだ。電車なら移動中にスマホで調べ物ができたり友人とメッセのやり取りをしたりできる。よその土地の空気を肌で感じることができる。そして何より頭の中が空っぽでも逆に圧倒的な何かに占領されていてもOK。乗り越しや乗り間違いはあっても命にかかわるようなことにはならない。車だと現地につくまでハンドルを握りっぱなしで、ずっと緊張してなきゃいけないからね。

セントレアの秘密を探りに

連休の中日は友人たちと少しだけ遠出。セントレア空港へ物見遊山に出かけた。
開港当初は4階の専門店コーナーへ続くエスカレーターには、1時間の行列ができたというが(記憶にもある)、現在は普通に空港として機能しており、飛行機に乗る用事がなければ出かけない。
でも、セントレア側はちゃんとセントレアそのものを知ることができるイベントを用意しており、それが「セントレアまるわかりガイドツアー」。50分500円で興味深い小ネタいっぱいだった。






まやかしの世界を遊ぶ

先日、東京で暮らしているうちのお嬢さんに会いに行った。お盆でも正月でもない半端な時期だが、個人的に盆と正月が一緒に来たようなイベントがあったからだ(このイベントについては他の場所で書いているので、詳細は割愛)。

せっかく高い交通費を出して東京へ行くのだから、少し欲を出して物見遊山できるところはないかと探したところ、ちょうどよい場所にチームラボ・ボーダレスを展示しているデジタルアートミュージアムがあったので、娘を誘って見に行くことにした。

猫なら何でもアリとはいうものの

ほぼ毎年恒例となっている、まねき猫まつり@瀬戸を散策してきた話です。

出かけたのは、台風チャーミーのせいで開催が危ぶまれた二日目。午後二時終了という情報をネットで掴んでいたので、雨風がひどくなる前にと午前中に出かけた。すると、みんな台風を危ぶんでいるのか、毎度満車で悩まされる駐車場がガラガラ。ラッキーのような残念のような(笑)