忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

グリーンスリーヴスの謎

以前、グリーンスリーヴスのメロディについてちらりと書いたことがある。→
ミラーシドーレドで始まる冒頭の旋律で4音目のドに♯はつくのかつかないのか。実はどちらのバージョンも耳にする。
ピアノなどで音を出してみれば雰囲気の違いは歴然。どちらが本物なのか。


提起だけしておいて、ずっと放りっぱなしだったこの疑問、先日読んだアイルランド本のおかげですっと解けた。

その本によれば、アイルランド音楽には、ちょっと変わった短調があって、その一つにドリア調というのがあるそうだ。
これは第6音が普通の短調と比べて半音高いという音階だ。例えばミの音から始まる場合、比較してみるとこんな感じ。

普通の短調 ミ-ファ♯-ソ-ラ-シ--レ-ミ
音の間隔   全--半---全-全--全-全 (全は全音、半は半音)

ドリア調  ミ-ファ♯-ソ-ラ-シ-ド♯-レ-ミ
       全--半---全-全----半-全

普通は半音離れている場所で全音離れていることにより、この音階ははるか彼方の地や遠い過去をイメージさせるという。実際に聞いてみればすぐに納得いくと思う。
そして、このドリア調の代表曲に、あのスカボローフェアやグリーンスリーヴスがあるというのだった。

つまり、グリーンスリーヴスをミから始まるドリア調とすると、ドには♯がついて正解なのだ! なぜ♯を落としたバージョンも存在するのかは、それこそ謎だけれど、きっとノーマルな短調の音階に合わなかったため、どこかで修正がなされたのだろう。

ド♯の音にキモを感じた自分は、アイルランドの魔法に見事にかかってしまったということか。
PR
with Ajax Amazon