忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

右肩のピンチ

昨日の練習は、本番指揮者のM先生を迎えてベートーベンの7番とメンデルスゾーンの「夏の夜の夢」を弾く。
初めてお目にかかるM先生の印象は、指揮がとてもわかりやすい! リズムに乗り遅れそうになったり、微妙に走りそうになったとき、指揮棒を見て、さっと修正できるのがありがたかった。
昨晩は練習時間が限られてたせいか、音楽に関するうんちくは少なく、まずは全曲通して全体の空気をさっと掴んだあと、危険箇所をビシビシ指摘してピンポイントで練習するという感じ。短時間にみっちり弾いた。
それにしても、本物の指揮者が振るとオケの音が全然違うわ♪
「夏の夜の夢」ではチェロ近辺からいかにもメンデルスゾーンらしい響きが湧いてくるし、ベト7は、交響曲らしいまとまった響きが立ち上ってきただけでなく、アマチュアにとっては鬼門である、1楽章のタンッタタンというリズム(付点8分音符+16分音符+8分音符)も、ひと言ふた言のアドバイスであっという間に修正の方向へ。(あくまでも「修正の方向」。実際にこれを完璧に弾こうと思ったら、弓が素早く動かせるように右手を鍛えなくてはいけない)

気分的には比較的余裕を残したまま練習を終えたのだが、今朝になってさあ大変。首筋~肩~腰にかけての右側が痛くて、洗濯するのも食器を洗うのもつらい。寝違えたかと思ったが、そういえば1ヶ月くらい前にも同じような症状が出たことを思い出した。しかも日曜日に。

原因はベト7だ。うん。いや、正確には自分の楽器の持ち方に問題があるっぽい。

実は、2ヶ月くらい前に、肩当ての位置を少しずらしてみた。あんまり楽器からはずれやすかったので。
すると、微妙に楽器の角度や弓を動かす方向が違ってくる。で、たぶん弾く姿勢に微妙な歪みが生じたのだろう。短時間の練習や、弓の動きがゆるやかな曲なら問題なくても、ベト7みたいに高速で刻んでばかりの曲をフルパワーで弾き続けると、体にかかる負担が膨れ上がって、翌日はア×メルツのお世話になるというわけだ。
もちろん姿勢だけじゃなくて、刻む時に余分なところに力を入れている可能性大。弾き方をチェックしなくちゃ。
PR
with Ajax Amazon