忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

和音はばっちり

昨日は、今月2度目のカルテットの合わせ。遊び要素抜きで真面目な練習だった。(クラリネットのお嬢さんがすっぽかしたということはあっても/汗)
今回は和音を重点的にチェック。すると、ひばりの1楽章は、1stバイオリンの愛らしいメロディを聞かせるだけでなく、洒落た和音進行の聞かせどころもあると気がついた。しかもシンコペーションで。さすがだ、ハイドン楽長(>_<)
実際、かーなりシビアに和音のチェックをした。きれいに響いていない箇所を取り出し、一人ずつ担当の音を出し、微妙なズレをチェック。それから4人であわせて、きちんと和音として響いているかどうか確かめる。
厳密にいうと、和音の第3音は長和音なら低め、短和音なら高めに取るといいとか、誰が強めに音を出すといいとか、いろいろあるらしい。と、音大卒のブルーちゃんが解説してくれた。
素人の自分は、理論がわからないので、「もう少し低め」とか「強め」とか指示されるままに音を出して、それで音がきれいにはもった瞬間は「あ、はまった♪」とわかる。例えていうなら、かみ合わなかったパズルのピースがぴたっとはまった感触があって、どうすればズレが直るのかはわからないが、正しい状態はわかる、という具合。

まあ、そんな作業を延々繰り返し、あらためて弾いて見ると、ずい分具合がよくなっている。お互いによそのパートのことを理解したせいもあるのだろう。それに、自分たちで音を作って、発見していく過程が面白い。

このカルテットは当分解散したくないな。
そうそう、本番の服装は、今年は「格調高く」ということで黒で統一することになった。が、色が黒ならどんなスタイルでも良いので、これまた遊べそうだ。


PR
with Ajax Amazon