忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

\(^o^)/オワタ!

演奏会本番が終わった。そりゃもう修羅場でしたよ。
本番中に「今すぐにでも帰りたい」と思った演奏会は初めてだ。

願わくは、お客様も同じ思いを抱いていませんように。


残念ながら消化しきれなかった超豪華プログラムはこちら。

ボロディン だったん人の踊り
プロコフィエフ 交響曲第一番「古典」
ラフマニノフ 交響曲第二番

アンコール ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」よりワルツ


プロコもラフマニノフも恐ろしい難曲で、音符の量の多さ、それにハイポジションと臨時記号の嵐で、練習してもしてもちっとも弾けるようにならない。
もう少し時間が取れればよかったのかもしれない(それでも普段よりは真面目にさらったのよ)が、物理的には、仕事やら家庭の事情とかで(実家で問題が発生したとか町内会の役が回ってきたとか家人の世話とか)で、どこをどう絞っても、これ以上は練習時間が取れませんって日々。

この悪条件を考えればむしろ頑張ったほうなんじゃないかと思わなくもないが、本番中にあちこち事故があったりオチたりしてマジでもう舞台から降りたいと思ったのも確か。
結果から言えば、潔く今回の演奏会はパスして、自分の代わりにきちんと弾けるプロ級のエキストラを紹介した方がよかった気がする。
まあ、エキストラで底上げすることの是非に関しては横においといて、ちゃんと弾けてればラフマニノフ御大の陶酔の世界に浸れそうだったのになぁと思うと悔しい。
石造りの教会を見ているような古典派の曲とは違い、全編これメロディ、みたいなラフマニノフの曲は感情移入しやすいようでありながら、逆に音の洪水に飲み込まれてしまい、わけがわからなくなるが、ミカリン先生に何度か降っていただくうち、自分の中で音の交通整理ができて、なるほど、作曲者はこれが一番言いたかったのか、と輪郭が見えてきたのが演奏会のちょっと前。本番ではちらりとラフマニノフ先生の後ろ姿を捕まえた、ぐらいの手応えだったかな。もっと弾きこむ余裕が欲しかった。まだまだ目の前の音符の処理に必死になりすぎて、まわりのことまで構ってられないよ、という状態から抜けだせなかったのが残念。

「古典」は、右手・左手、ともに思いのままに操れる力と、意思のコントロール力が必須。ちょっとまじめにさらった程度では全然ダメ。とてもお洒落でお茶目な曲なので、つい手を出したくなるが、アマチュアの分際でそれをやるとヤケドするし、実際にした。あちち。

「だったん人」はびおらにとって唯一憩いの場(?)だったけど、何しろ練習量が少ない。自分もあまりさらってない(ちゃんと練習したのはメロディのところだけ)だし、たぶんtuttiもあまり回数をこなしていないはず。他の二曲が大変すぎたからねぇ。これも楽しい曲だけにもったいない。

次回、秋の定演は第九と、大砲の鳴る騒々しい祝典系の某曲。(まだ正式発表はないので伏せときます)
やれやれ、これで一息つける。

さあ、次はブラームスの弾きこみに取り掛かる。ブラームスオケのコンマスは、うちの団のコンマスとは違う意味で恐ろしい方なので、油断は禁物。
PR
with Ajax Amazon