忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

ある意味悩殺だけど

nousatu-humlet


「柿食う客」によるオール女体演劇@長久手文化の家を観てきた。タイトルは「悩殺ハムレット」。チラシがなかなか良くてねぇ。
実は、シェイクスピアの劇を観ること自体初めて。
ハムレットに関しても、ヒロインのオフィーリアが川に身投げをするとか「To be, or not to be」の台詞が出てくるとか、そのくらいしか知らない無知ぶりで、文学の世界に片足を突っ込んでいる人間として、これはちょっと恥ずかしいかもということで、好奇心半分、勉強しとこか、の気分が半分で出かけた。
どうしようもなく救いのない話、だった。悲劇のストライクゾーンど真ん中。復讐される側もする側も、さらに周りの人間までとばっちりを受けてバタバタと死んでゆく。
リアル世界で見聞きすれば後味の悪いこと甚だしいけれども、舞台で観れば最後は言いようのないカタルシスを感じる。演出も上手いが、劇作家の力によるところが大きいだろう。

出演者が全員女性ということで、少々エキセントリックな舞台を期待していたが、その意味では50%くらいの満足度かな。宝塚ー華美+現代風。

役者さんはホレイショ役とクローディア王の人が良かった。

演出は基本、喜劇。セリフがすべて「これ、マジでタルいんですけど」みたいな言い回しの現代日本語に訳されていて、歌ありーの、踊りありーの、で、この世の乱痴気騒ぎをよく表しているよなーなんて思った。脚本作った人すごいわ。(ただ、ずーっとこの手のしゃべりばかりだと、時々つらくなってくる。というか、無理して作っているなぁというのが透けて見える箇所があって、それだけが残念)
言葉は現代日本でも舞台は古のデンマーク王家、というのがもったいなかった気がする。ここはひとつ思い切って日本の某有名大企業にしたらどうだろう。夜な夜な地下駐車場を徘徊する社長の幽霊、新社長は亡くなった社長の弟だけど悪いやつで、未亡人になった奥さんをちょうらかして自分のものにし、亡くなった社長の息子がろくにうさも晴らせずウジウジしているなど。彼の恋人は会社重役のお嬢さん。
うん、うまくはまるじゃないの。人間関係のドロドロ具合が昼ドラにぴったり。というか、少し設定をいじればだけで現代でも通用しそうなとろこがシェイクスピアのすごいところ。

ああでも、今の日本でドラマ化したら、最後は(諸般の事情で)ハッピーエンドになりそうで怖いな。
PR
with Ajax Amazon