忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

ロングドライブ

本日の水質探検隊、最後から二番目のミッションは川下り。カヌーで下るわけではなく、堤防道路を河口まで車でひた走る。川が次々に合流していって幅を広げていく様子は、下流に行くほど圧倒的。
合流地点付近など、計4箇所で川の水を採取し、水質を調べた。薬品を使う検査は後日にまわすが、透明度やにおいはその場でわかる。河口よりも河口から数キロ遡った地点のほうが水は汚かったりする。

参加したのは四家族+児童だけの参加が一人。そして引率の先生。適当に乗り合わせ、計四台で出発したものの、最初から「打ち合わせと違う~(>_<)」な出来事がおきるわ、予想もしなかった「直進不可」の標識に行く手を阻まれるわ、一台が迷子になるわで、全員がゴール地点に集合できたのが不思議だった。

しかし、ゴール地点の稲永公園から川岸に出ると、ドライブの苦労を吹き飛ばすくらいの眺めのよさ。海から吹く風が心地いい。川の終着地、リバーズエンドには一種のカタルシスがあるなぁ。
庄内川河口
学区内の川をどんどん下ると、名古屋市北部から西部をぐるりと回り、
藤前干潟へ出る。
噂に違わず野鳥がたくさんいて、その様子は稲永公園にある観察館から
望遠鏡でじっくり眺めることができた。
遠くに霞む橋は伊勢湾岸道路。
PR
with Ajax Amazon