忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

峠はこ(た)えたらしい

昨日、娘の熱が下がった。朝、微熱があったダンナも、無事に会社づとめを終えて帰ってきて、
もう平熱にもどっていた。
今日は、二人とも多少のセキは出るものの、もう熱はなく、あるのは倦怠感のみ。まあ、この数日ろくにものが食べられなかったから仕方ない。

で、昼はダンナの実家へ出かけることができた。実は、一番下の弟が2月からオーストラリア留学に行くと言うので、出発前に食事に誘ったのだった。
食事の席でダンナは、「外国人は信用するな。善悪の基準がちがう」と半ばお説教に近い事柄を語る……。よく聞かなくても、お義父さんの言うことにそっくりだ。
ま、実際日本人はいいカモなのだ。
でも、留学、いいなあ。

食後、気の毒なダンナはせっかくの休日だというのに、会社に呼び出される。相方さんはまだ入院中だそうで、些少なトラブルでも休日関係なしに対応しなくてはいけない。それで余計に病み上がりの神経が疲れていたりして。

ということで、まだバトンできていません。<(_ _)>。
最後の砦は守りきったものの、病人に体力を吸い取られたみたいで、へろへろしてます。
PR
with Ajax Amazon