忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

今週ののだめ

今回の見所はやはりあれでしょう。
ストラビンスキーの「ペトリューシカ」が「今日の料理」に化けるところ。

コンクールの様子、原作ではもうちょっとコミカルだったけど、ドラマののだめちゃんは、鬼気迫ってたなぁ。あの状態で弾くシューマンは、それはもう胸にしみるだろう。
ハリセン教師こと、江藤センセイ、すごくいい味が出てた。のだめの才能にほれ込みつつ戸惑い、健気な頑張りを応援するところ、よかったなあ。これはきっと俳優さんの力では、と思う。
だって、千秋くん、あんなに美味しい役どころなのに魅力がイマイチ。(冷汗)
PR
with Ajax Amazon