忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

発表会まであと4ヶ月ちょい

4月から習い始めたピアノ教室の経過報告です。

来年の2月にオトナのための発表会があり、それに向けて曲を仕上げていこうという話になりました。
「好きな曲を持ってきていいですよ。難しければアレンジしますから」と言って下さる先生のもとへ、あれも弾きたい、これもやってみたいと煩悩全開で悩んだ末に、おそるおそる「それではコレを……」と差し出したのは。

「生まれ来る子どもたちのために」
若い人たちのために一言添えておくと、オフコース時代の小田和正の曲です。1980年、「さよなら」の次に出されたシングルです(あまりヒットしなかったけど)。

「生まれ来る子どもたちのために何を語ろう」って、今、この日本のためにある台詞のような気がしてしかたないのです。

ピアノ譜は「いつか弾けるようになりたい」と、25年くらい前に買ったのがありまして、いい加減すみずみが黄ばんだそれを「キーは4度下げて下さい」なんて生意気なことを言って先生に差し出しました。

すると、ピアノの先生は偶然先月18日に名古屋で開かれた小田さんのコンサートを見に行ったところで「いいコンサートだったのよ」と感動しきりの真っ最中で、そこへ「生まれ来る〜」を差し出したものだから、話はとんとん拍子にすすみ、今週のレッスンでは相談しながらアレンジを進めるなど。

ピアノの腕前は先生がついているから心配ないけど、問題は歌をまともに歌えるかどうか。

弾き歌いですから。(*^。^*;)

PR
with Ajax Amazon