忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「イケメン」は噂通りだったのか

お待ちかねの初来団〜♪
練習したのは、シューマン「ライン」とドボルザークのチェロコンチェルト。

実際に演奏会を振っていただくM先生の来団日であり、前もってイケメンだという噂が流れていて、その真偽を確かめる日となった。

うん、悪くない、と思った。
自分的には、以前振っていただいた竹本先生に見た目が似てるので、いいなぁと。
あ、あくまで似ているのは見た目だけ。あんなにおっかない方ではなく、音楽の知識に関してはもちろんプロだけども、物腰、しゃべり方などは完全に今時の若い人。親近感を覚えつつ、おばさんは世代格差を感じてしまったのだった。


実はもう一つ目玉があって、それはソリストの代理としてT先生も来団されたこと。チェロの音が素晴らしいのなんのって、日頃から研鑽を積んでいるプロの音は、ピッチとリズムが正確なのはもちろん、隅々まで気配りが届いていてほれぼれした。気配り、というよりは、手抜きのない音かな。アマチュアだと「こんな音弾けるわけないし」と、きちんと響かせることをあきらめてしまうような難所の音まで丁寧に作られてあったりするので、眼福ならぬ耳福を味わうことができた。

曲についての印象は……
ライン
シューマンの特徴は「掴めそうで掴めないごちそう」であるところ。おいしい何かをチラ見せしてすっと隠れてしまう。だから、たとえffとあっても、無神経にごうごう弾いてはいけないのよ。
また、シューマンの音は生き生きと生きているということ。もちろんどの曲でも音は生きていなくちゃいけないけれど、シューマンの音は夢中で遊ぶ子どもみたいな生命力を宿している。先生がしきりに「音楽が止まってしまう」ということを口にされていたけれど、音の流れを感じず、譜面だけ見て演奏していたら確かにそうなってしまう。
それから家に帰ってからふと気づいたのだけど、シューマンを弾いた後は疲れが少ない。少なくともベトベンを弾いた後のような巨大な疲労は襲ってこない。どうしてだろうと夕食を作りながら考えた。
まず思いついたのは、シューマンは全力で刻む箇所が少ないということ。全体的にffの数が少ない。対するベトベンの曲は1楽章につき必ず3〜4カ所はffやfffで刻む箇所がある。ベトベン御大は基本的に「ワシの歌を聴け!」の人だから、ffを見た日には全身全霊をかけて演奏しないと、曲に拒否られてしまう。けれどシューマンは「そんなに見たいっていうなら少しだけ」と美しい宝物をちらりと見せてくれるタイプだから優しく接しないといけないわけで。
あと、シューマンの曲はとにかく美しい。暗く深刻な曲調の時でさえ、嘆きのメロディやハーモニーは耳に優しい。耳が喜ぶメロディやハーモニーを集めて作られたみたいに。聴いても弾いても心にひっかき傷を残してゆくようなマーラーとは真逆だ。「音楽は美しいもの、よきものではなくてはならない」という信念を持っていたのは、確かハイドン楽長だったけど、シューマンもきっと同じことを心に持っていたのではないかと思う。

ドボルザーク
どれだけ美しいメロディを持っているんでしょうねぇ、この作曲家は…!と、曲(コンチェルトだけでなく交響曲なども含めて)を聴くたび、いつも思う。でも、管弦楽法というんだろうか、楽器の扱い方には一種独特のクセがあって「これは9番の2楽章のパクリ(え?)でしょう」などと余計な詮索をしてしまうことしきり。
余計な詮索はさておき、ただ美しいだけでなく、独奏楽器に合わせることの楽しさと難しさを教えてくれる名曲だということに間違いはない。微妙なゆれを読んでうまくソリストとタイミングを合わせるには、楽器の技術はもちろん、空気を読む力がとても必要なんだよね。

さあ、難所の音もめげずにきちろんと取るところから始めなくては。

PR
with Ajax Amazon