忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

ぐだぐだな日々

定演が終わったら、見事なまでにびおらの存在を忘れた。
一応、次回定演の曲の音源を探したり、楽譜の製本作業に手をつけたりしたのだけど。
こんなに気の乗らない製本作業は初めてだ。プログラム曲そのものは目先が変わって面白いはずなのに、ちらりと楽譜に目を通した時点で急速にやる気消失。
うーん、幻想交響曲にシルヴィア組曲か……。難しい&報われなさそう。練習するうちにこの予感がはずれてゆきますゆうに。
(といいますか、どなたか幻想の魅力を切々と語って下さい)

ということで12日ぶりに楽器ケースのふたを開けた。弦を指ではじいた。G線以外はすっかり音が狂ってた。特にびよーんと音の下がりきったC線は自分のテンションそのままで笑った。
練習したのは、製本したばかりの新曲ではなく、バッハの無伴奏チェロ組曲(びおらバージョン)だったとさ……。あ、でもリストの「忘れられたロマンス」も無性に弾きたくなったなぁ。

楽器方面もただいま逃避中。



PR
with Ajax Amazon