忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

も、燃えつきそう

本日は前日リハーサル。本番会場で3時間半、みっちり弾いた。ピアノのソリストはカデンツァを全部弾いた。普段の合わせでは省略する部分なので、これを聞くといよいよ本番が近いなと実感する。

指揮者も本気モードに入っているのがわかる。指摘がやたらシビアになっているし、(もっとも、前日に「ここが弾けてません」と言われても、アマチュアにはちとつらいのたが)オケの音を聞きながら歌い方やバランスをさぐっているのがわかる。

今回の席は3プルートの表。ちょうど弦楽器セクションの真ん中にあたるせいか、各パートの音がよく聞こえるし、指揮者とトップが一度に見れて弾きやすい。オケ全体が音楽的にまとまりつつあるのを、肌身で感じた。(おっと!と感じるところも多々あったけど、それが冷静にわかるだけ進歩かも)

この一週間真面目に練習しすぎて、とうとう左手の筋が痛むようになってきた。今晩だけでも湿布して寝れば少しは回復するかな。ま、明日までもてばいいんだし。何より、今日こそは早寝しなくては。
PR
with Ajax Amazon