忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

今日も練習

2週間ぶりのオケ。よく考えたら、本番まで一ヶ月切っているんだよな。
少しずつ弾けるようになったとはいえ、まだまだ不安な箇所は数多く。

「売られた花嫁」は難しいのが分かっていて、みんなそれなりに練習するので、ゴールが見えてきたような気がする。
自分も弾けるし、オケ全体が互いに合わせる余裕が出てきたみたい。だから、弾いていて楽しい。

「田園」は発展途上。
出来るところは出来るが、問題有りの箇所は数多く。
そして何が難しいって、ダイナミクスをきちんとつけること。ピアノやフォルテといった音量のコントロールが出来ないと、曲としてのメリハリがまるでなくなってしまう。それが分かっていてもなかなか思うようにできない。
楽譜通りに弾くと言うことは正しい音を出すのみならず、音量や音質にまで気を配らなくてはいけないので、難しい。

メンデルスゾーンのVnコンチェルトは、これが大問題だな。
ひどく難しい曲ではないので、練習を後回しにしてきた結果、今になっても入りがよくわからない場所があったり(滝汗)。 この良くない現象は、自分ばかりではなさそうなので、本番前にソリストがきたとき、オケがちゃんと合わせられるのか非常に不安。

次回から、いよいよ本番指揮者による練習が続く。 楽しみだけど、まともに弾ける場所を増やしておかなきゃ。
PR
with Ajax Amazon