忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

初弾き

昨日のことになるけれども、今年初めてビオラを弾いた。
楽器が置いてある部屋は人気のない二階で、ものすごく寒い。
だからといって、これを暖房のきいた温かい部屋へいきなり持ち込むと、具合が悪くなりそうなので、寒い部屋にホットカーペットだけを入れて練習する。
冷たすぎて指先の感覚がないぞ。でも音程は正しく取れているのが不思議。

寒いといえば、学生のころは練習場所がなくて、冬でもくそ寒いクラブハウスの片隅で、指先のない手袋をはめて弾いていたのが懐かしい。休憩中に自販機で買ったはちみつレモンが、火傷しそうなほど熱かったのもよく覚えている。
我ながら、あんな環境でよく練習できたもんだ……。

さて、今年の弾き初めはバッハの無伴奏組曲第一番プレリュード。一番の最初の曲だから、年始にふさわしいかな……などと考えもせず、ただそれが弾きたい気分だったからといういい加減さ。

お次は、2月の最初に発表会で弾く予定のシシリエンヌ。
だいたい弾けるのだけど、少々ピッチが悪かったり、弓の使い方が乱暴だったりという具合。たぶん10日以内に、伴奏をしてくださる先生と合わせることになるので、本腰入れて練習しないと。

その次は、のだめ演奏会で弾く予定の、ブラ1・4楽章。
これも過去に二回弾いているので、だいたいは弾けるのが、細かいところ、動きの速いところはかなりあやしい。そういうところって、完璧に弾けるとものすごくカッコいいのに。
あの有名なテーマを伴奏するくだりは、すごく気持ち良くひける。きちんと調整をしたびよらは良く鳴るし。
PR
with Ajax Amazon