忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

半練習記です。

11月27日は名古屋テアトロ管の練習日。
仕事の都合で、午前しか参加できず、また、体調があまり良くなかったことが重なり、大した練習記は書けないのだけど一応、記録として。
いつもお世話になっているS先生の棒で、ナブッコの「序曲」「祭りの飾りを」、アイーダ「外線行進曲」をはさむ前後の部分を練習。

新しく団に参加された方と一緒に弾けて、いい感じだった。何気なくビオラのメンバーリストを見ると半分以上がすでに知っている方々で、安心するなど。

曲はノリがよくて楽しい。ただ、意外に♯や♭が多くて、よく落とす。リズムにトラップがあって、たまにカウントがどこかへ行ってしまう。などなど。メリハリをつけることができたらもっと楽しくなるだろうし、じきにできるようになるはず。曲とどんな場面の音楽かを覚えてしまえばなんとかなるのだ。

なんともならないのが弓のコントロール。11月は違う方面で忙しくて、一カ月半ものあいだ、楽器にはさわれずじまい。するとなにが起きたか。左手よりも右手がなまるのだった。

音程は、耳が死んでいなくて譜面の読み間違えさえなければそれなりに取れる。ところが早いパッセージで弓が動かない、いや、動かせなくなっていた。高速の刻みができない(>_<) 
特に♩♫♩♫♩♫♩♫♩♫……は壊滅的。

その昔、学生オケにいたころ、三カ月の留学から帰ってきた先輩が言っていた。「右手が動かなくなってて焦ったよ」(-_-;) (-_-;) (-_-;)

まさか自分がその罠に落ちるとは。


ええと、クリスマスまでにはなんとか復旧を果たしたく。

大掃除とか年賀状とか他にもお仕事山積みですが……。どなたか優れモノのスケジュール管理アプリ教えてください_| ̄|○





PR
with Ajax Amazon