忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

引越し先決定

自分はいったい、アマオケの活動に何を求めているんだろうと何度も考え直して出した結論:
後ろで楽して弾きたい。(>_<)

突っ込まれるまでもなく、身もふたもない結論です、はい。

ということで、近くて練習時間が夜で、団員が多くて、組織的にもしっかりしていそうなN市オケに入団届けを出した。これでN市オケのびおらパートはなんと9人! びおらなんて、いつでもどこでも慢性人員不足なのに、なんて珍しい。これなら、いつ自分が脱落しても(をい!)あとの心配はない。
正直なところ、今はアマオケ活動に全力投球できる状態ではない。もし、それができたらなら引越しは考えず、古巣のK市フィルを盛り立てるべく東奔西走することだって厭わなかっただろう。
いっそ、オーケストラ活動はすっぱりやめようかと考えたが、弾き続けないとどんどん腕は落ちるし、第一、精神衛生上とてもよろしくない。

で、上記の結論を出し、先日の土曜日は、実質2回目の練習に出席。チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」を弾いてきた。(恐ろしいことに初見!)細かい音符の行列は弾いてるフリってことで、適当にスルーしてきたが、あんなスリルは滅多に味わえない。
シベリウスの「カレリア組曲」は三曲目のマーチのみ過去に弾いたことがあるが、他の2曲はほぼ初見。野生のカンびおら弾きの嗅覚で和音の変わり目とフレーズの区切りを見つけ、なんとか落ちずに最後までついてゆく。ほっ。

そして昨夜から頭の中でぐるぐる流れているのは、ブラームスの1番。これって、もともと耳虫になりやすい曲なのだが、先々週に弾いてからよけいに頭の中で鳴るようになった。秋の定演本番まで、この曲と付き合うんだな。
PR
with Ajax Amazon