忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

気のせいか白髪が増えたような

先週の土日は、お祭りだった。オーケストラの練習三昧という意味で。

土曜日が珍しく午後から夜にかけて、7時間みっちり練習。(もちろん夕食休憩はあります)
日曜日は朝から午後にかけて、5時間みっちり練習+居残り弦分奏40分。(昼食休憩ぬきで)

私は土曜日の練習は、用事(↓の記事で書いた高校見学)のため遅刻して、3時からの参加だったけど、フルで練習に参加された皆様は本当にお疲れ様です。
これだけ連続でがしがし弾いたのって、学生時代の強化練習以来だ。

(ここから下は愚痴です。避けたい人は避けて下さい)















身体もアレだったけど、精神的にきつかった。日曜日の弦分奏なんて、合奏でよれよれになった後だったので「いったい何の罰ゲーム?」状態だった。
まあ普段の練習が、毎週あるとはいえ夜枠の2〜3時間だけなので、心身ともに鈍っていたことも否定できないけどね。

さて、ここから本題。

今回の定演の曲は、仕上がりが異様に遅い(気がする)んだけど、どうしてだろう。
ブラームスはともかく、シベリウスの5番がね、演奏会3週間前の時点で数え間違いのミスが多い(全体的にミスは多発しているが管楽器は間違えると悪目立ちする)。もともと難しい曲であるのだけど、それならそれでもう少し早く対処法を考えて実施するとかできなかったんだろうか、と思う。正直、一人で練習しても手に負えないので、安易に「個人練習が足りないから」で片付けられないと思う。
(個人練習以前に、合奏に出てこないという問題もあるが、それは私がどうこう言えることじゃないのでパス)

あとは、選曲に難があったのではないか、団の実態やレベルに合わなさすぎる曲を選んでしまったという可能性。いや、難しくても「どうしてもこの曲をやってみたい!」という熱意があれば可だと思う。
でも、今の状態だと「やらされてる」感が強い? 

ちなみに、誰がどうやって演奏会の曲目を決めているのかというと、「技術委員会で話し合って決めている」らしい。それ以上の詳しいことは、平の団員にはわからない。(それにわかったとしても口をはさむ余地はないに違いない)
ある日「これが次の定演の曲です」といって、楽譜が渡されて、それで次の演奏曲を知る、というのが実態。
私の場合はどんな曲が来ても喜んで受けて立つことにしているので、たいていは嬉々として、ときには戦々恐々としながら次の曲の練習にとりかかるのだけど、自分たちのあずかり知らぬところで勝手に演奏曲が決まるのって、団全体のやる気的にどうなんだろうって思う。
同じ曲をやるにしても、ある日突然配られた曲と、団員全体で意見を出して、それをもとに技術委員会で話し合った結果決まりましたって曲とでは、モチベーションが全然違うはずなんだけどな。
ただし、後者の決め方は前者に比べて5倍ぐらい面倒だと思う。

もっとも、曲の決め方がどんな経緯であれ、最初は「なんじゃこりゃ?」だった曲が、練習するにつれて魅力に取り憑かれる、というケースも大いにアリなので、そうすると、魅力を知っている演奏者が知らない演奏者に対して啓蒙するという作業が必要になってくるわけで、今、足りないのはそれかな。今演奏している曲をより深く知ろうとする努力。

え? まずあんたがやれって? はい、そうですね。
PR
with Ajax Amazon