忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

親亀こけたら…

昨日は、珍しく二週続けての練習。もともとの予定では、娘のイベントがあったのでお休みするつもりだったが、イベントを済ませてからダンナに子どもたちをまかせ、強引に練習場へ足を伸ばした。この時期になると、エキストラさんが顔を出し始めるので、あまりサボるのは良くないかと。
この日も、前回とメンバーの入れ替わりはあるにしても、びおらは3プルート、つまり6人そろった。人数が増えるとそれだけでほっとする。

今回はトレーナーによる練習だったので、テンポや抑揚のつけ方で「あれ?」と感じる場面が多々あったが、それはそれとして対応できるようになっている自分が嬉しかった。

しかし。
トップが落ちるとみんな落ちる。
実際には、誰かがちゃんと弾いていて、どうにかこうにかつながっていくのだけど、でも音がへなちょこになるので、指揮振っている人にはバレバレだ。

ベートーベンやモーツァルトといった、比較的古典的な作りの曲は、きちんとカウントさえすれば入れるし、間違うと「どこか違う!」とすぐにわかるが、シベリウスの2番はそうはいかなくて、例え正確にカウントしていたとしても、もともとがすごく変な場所で入ったり、休符の数が不規則だったり、曲のテンポ自体がくるくる変わるものだから、勇気と緊張感を必要とする場面が多々ある。
そこでトップがひるむと、それが後ろにも伝わってしまうんだな。後ろの面々の方が曲に慣れていない分、余計に恐いわけだし。
管楽器が走ろうが、バイオリンが混乱しようが、チェロが落ちようが、淡々とカウント通りに曲を進めていく胆力がびおらのトップには必要かもしれない。

さてさて、練習はあと三回。本番は9月17日。





PR
with Ajax Amazon