忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「RD 潜脳調査室 ♯13」

もうひとつの海 (intermission)

折り返し地点にて、やっと波留爺の過去話登場。それだけに演出にものすごく力入ってる。BGMに矢沢栄吉まで登場させるなんて、反則技だ~と海に向かって叫んでもいいですか(笑) そうか、地上げ屋に家を追われたってことは、波留さんは電線音頭とか知っている世代なんだ、たぶん。
ミナモとの散歩中、あたかもアルバムをめくるように、波留の過去が現れては消えてゆく。波留少年、可愛かったなぁ。特にちょっとへたれ気味のあの笑顔! 
成長するにつれ、波留少年の体型や顔かたちが少しずつ大人びてゆく。その様子がすごく丁寧に描かれていた。波留真理という人間の輪郭や性格がこれではっきり掴めたな、という手応えがあった。

彼が海に居場所を見つける過程は、ジャック・マイヨールを主人公にした「グランブルー」の世界そっくり。和製ジャックと言われても仕方ないな。だいたい、彼がイルカと出会ったのが唐津の海(←本物のジャックが日本に来て初めて潜った海)というのだから、これはスタッフの確信犯。

ほろ苦い回想をぶちっと断ち切るのは、言うまでもなくミナモ。波留にとって彼女は思い出の海からの脱出口=水面であり、彼を現世につなぎ止めるもやい綱みたいなものだから。

ミナモの過去もちらりと登場。オーストラリアの平原でアボリジニの血を引く子どもたちと駆け回り、カンガルー狩りの手伝いまでしたとは。どうりで身体能力が高いわけだ。

波留とミナモは今後どんな風に変わってゆくのだろう。波留が義体化し、ミナモがダイバーを目指したら面白そうだけど、そんなことしたら、全然違う話になっちゃうぞ(笑)
でも、せめて波留が歩けるようになれば、と思う。この話の中で一番好きなシーンは、波留が昼寝中のミナモの顔に止まったハチを追い払おうと、必死で車椅子から立ち上がろうとするところなのだ。立ち上がろうとすることで、波留は自分の中で止まってしまった時間を動かそうとしている気がした。
結果、車椅子から転げ落ちてしまい、ハチは逃げるがミナモまで起こしてしまう。そのときに波留が見せるちょっと情けない笑顔がたまらない。ミナモはどうして彼が車椅子から落ちていたか理解できたかな。
PR
with Ajax Amazon