忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「RD 潜脳調査室」♯17

ホーム@ホーム(inherit)

蒼井家大集合の話。
先々週に予告があったとおり、ミナモの祖母がやってくる。予想通り(?)天然さのスケールが大きい。これは血筋だね。
とうとうミナモ母が登場。一部で推測されていたあの人ではなく(ホッ)、ソウタと目元がそっくりのさっぱりタイプの女性だった。

話の筋としては、ミナモの祖母がやってきたにもかかわらず、ミナモ以外の蒼井家のメンバーは残業やら飛行機のトラブルやらで家にたどりつけない……はずだった。それがミナモ祖母がちょっと手を出すとあらふしぎ、ピ○ゴラス装置のように次々と状況が変化を起こし、最後には見事、夕食の席に家族全員がそろうという、ちょっとしたマジックのような話。

もちろんそれはミナモ祖母――洋子さんもまた研究者で、かつては久島や波留といっしょに仕事をしていて互いに旧知の仲だった、というのが大きいのだが。
クールさが売り物の久島でさえ、洋子さんを前にすると顔がくずれ、たちまち打ち解けた態度になって、擬体を使っている言い訳さえしてしまう。

久島といるときはアットホームな雰囲気の洋子さんだが、波留と再会したときは少し空気が変わった。いやもう、波留さんは何人の女性をたぶらかしたときめかせたんだか。
自分の思いを孫にゆずって去ってゆく洋子さんの後ろ姿は、颯爽としているようで少し寂しく見えた。

なかなか面白い回だったが、名犬タップのネタをここまでひきずるとはねぇ。誰かさんの犬好きのせいかしらん(笑)
PR
with Ajax Amazon