忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「RD 潜脳調査室」♯10

至高の話手(副題: Intelligence)

タイトルを見てついつい「魔弾の射手」を思い出したのはクラシックオタクだからかアニヲタだからか(苦笑)。

冗談はさておき、今回はいかにも士郎正宗なシーンが楽しめた。限りなく好奇心の強いAIが登場し、メタル内で波留と対決……というか対話を楽しむ。
メタルから帰ってこない波留を救い出すため、ホロンやソウタが救出に向かうがことごとく惨敗。残るはミナモ。電脳化していない彼女はどうするのか。
今回は元ネタが実に多くて、それで難しすぎるとか、面白いとか評価が分かれたようだ。
まず、占い師として登場するAIの名がエライザ・ワイゼンバーグ。(ちなみに「ELIZA」は実在する対話&情報収集プログラムらしい。今でもダウンロードできるとかできないとか)
彼女が波留を招待した時には、アリスの格好をしてチェス板を用意し、紅茶までいれるというご丁寧さ(マッド・ハッターはどこ?<こらこら)。
そしてハルつながりで「2001年」まで引っ張り出す。ヴィトゲンシュタインまで引用されたときにはちょっと驚いた。

ふむふむ、イライザによれば、人間は水を介して世界とつながっているが、AIは言葉を介してしか人とつながれない、だから言葉を操るのだと言っている。もっとも、この作品中のAIは音や匂い、手ざわりなども認知できるようなので、言葉を「情報」と言い換えたほうがいいかもしれない。
以前、ホロンとソウタの会話の時にも思ったが、AIはどんなに賢くても数値化された情報に基づいてしか行動できない。だから計測不能な側面を持つ人間を知りたいのだろう。
ただ、ホロンやエライザに何がしかの感情があるところを見ると、彼らは自分で認識している以上に人間に近いのかもしれないとも思う。
AIに限界があるとすれば、既知の情報に頼りすぎてしまうところだろうか。引用の多さでしか話の中身を膨らませられないとか。

さて、話の結末としては、非電脳化者用スーツに身を固めたミナモは、思うように動かない体をひっぱりつつ無事に波留のもとへたどりつき、連れ戻しに成功する。ホロンやソウタが失敗したのはAIに簡単に情報を読まれてしまうからで、ミナモならその心配がなかったということ。(ソウタの敗因には笑ったがvv)
最後にエライザは海(メタルではなくリアル海)の底へ帰る。そこで究極の生命体「地球」と話をするらしい……。

って、ちょっと待った。RDでは本気で地球を意志ある生命体と見立てているのか? それはいくらなんでもファンタジーに走りすぎてないかい? 

PR
with Ajax Amazon