忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

今週のブラックジャック21(6/5分)

21-8「65年後の目覚め」

TVシリーズでDr.キリコ初登場。驚いたのはそれだけでない。今まで見たシリーズの中で最高に衝撃的なラストだった。
昨年の冬に公開された映画版を見ていないので、画面でキリコを見るのは初めて。原作でもほとんどお目にかかれていない。が、何かと噂に聞くこのキャラ、好きなタイプかもしれない。
BJと並ぶと、まさに、黒い天使vs白い死神で、なかなか素敵。(そういう問題じゃないか/汗)

肝心の中身の話がどうだったかというと、65年もの間植物状態で、しかも年を取らずに生きてきた患者をどうするかという話だった。
親族の者は、もう65年も生きたし、金銭的な問題もあるので、安楽死させてやりたいとキリコを呼ぶ。
その一方で、シュタイン博士を筆頭とする医療チームは、非常に珍しい症例をもつこの患者を詳しく検査し、研究したいと申し出るが、患者の親族に断られる。
そこで医療チームの一員がBJを呼んで患者が意識回復できるように手術を頼むという話。

BJは成功率の低い手術だからと初めはこの話を断るのだが、のちにキリコが関わっていると知り、即患者の手術にとりかかる。
長い手術を待つ間、ピノコが医療チームの(美人)女医につぶやく言葉が印象的。

先生はね、あんたのためじゃなくて患者さんのために戻ってきたのよさ。……たぶん。

ピノコはうすうす気づいてたらしい。BJが自分の意地のために手術をしたらしいことを。さすが奥さんだ。

手術の結果どうなったか。
患者は奇跡的に意識を取り戻した。そして自分が65年間眠っていたことを知らされる。もう家族は姪ひとりしか残っていないと知るや、パニックを起こし、同時に急激に老化がすすみ、あっという間に老衰で死んでしまった。
「どうして僕を眠らせておいてくれなかったんだ!」と恨めしげなひと言をのこして。

この件に関しては、キリコの勝ちだ、と私ははっきり思った。患者の親族の判断は正しかったのだと思う。
BJはさすがに正面切って自分の負けは認められないから、キリコの前で自分たちの愚かさを呪う。
医療は神業ではない。むしろ人間の業のなせるわざなんだろう。少しでも長生きしたい、若くありたい、力強くありたいなどなど、人間の欲求はきりがない。

だから、最後に患者の姪が去りゆくBJに「おじと話ができて嬉しかった。ありがとうございました」と呼びかけるところ、すごい違和感があった。
PR
with Ajax Amazon