忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

結局RDって?

ネットでの配信が終わってしまって、少しさびしい「RD 潜脳調査室」。あれほど面白い視点を提供してくれ、なおかつ一話ごとのクオリティが高いアニメシリーズは、今後もなかなかお目にかかれないだろうと思う。

で、結局あの作品は何だったのだろう。
最初に「メタル」という設定を知ったときは、電脳社会を舞台にした社会派バリバリの話なのかと期待した。
ところが、ふたを開けてみれば、日常の人と人との直接的なふれあいを取り上げた話が多い。しかもメタルの問題点を浮き彫りにするような。

ああ、電脳社会の次を目指しているんだと思った。というか、電脳社会を否定して自然回帰に走るのかと思ったら……?

で、この作品が打ち出した答えは――ネットワークシステムと「地球」という生命体の融合。(これが成り立つには、地球全体をひとつの生命システムと見なすガイア理論が前提だけども)個別の生命同士をつなげる媒体は「水」。水の集合体である海は巨大なデータベースあるいはサーバーといったところか。

やっぱりすごい発想だな。実現可能か不可能かは別にして、自然と人工物(=人間)を対立するものではなく、統合されるべきものとして見る視点が面白い。

こうしてふりかえると、久島と波留は別として他のキャラはこのテーマを演出するための小道具で、別に誰でもよかったのかもしれないと思えてくる(視聴者の受けさえよければ/汗)。特にミナモちゃんがそう。彼女があそこまで天然直感少女である必要はないような気がするし、彼女の波留への思いは、あくまでストーリーを盛り上げるための道具だったかな?と思う。それより、ソウタとホロンの関係のほうがよほど重要だ。自然と人工物の融合という意味で。

そして言うまでもなく久島は人工の海、波留は自然の海を代表するキャラクターだ。人工の海は自然の海を求め、年老いた(破壊されかかった)自然の海は人間の力を借りて蘇る。それが波留の若返りに象徴されているのかもしれない。
PR
with Ajax Amazon