忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

転んでもタダでは起きたくない

ダンナが平日に休みをとったので、浜松のオルゴール博物館へ行こうと誘った。2年ぐらい前から行きたくてなかなかチャンスがなかったのだ。
高速を乗り継いで、浜松西インターで降り、しばらく走ると浜名湖沿いに遊園地とロープウェイが見えてくる。博物顔はロープウェイでのぼった先だ。
ところが、ロープウェイのロープは見えても、カゴが行き来していない。おや?と思いつつ乗り場へ行くと……。
「1/25~1/31までは定期点検のため休業します」ですと?
オルゴール博物館へはロープウェイに乗ってしか行けない。_| ̄|○ 

やれやれと思いつつ、弁天島の定食屋で昼食を取る。このまま手ぶらで帰るのも悔しいので、近辺の観光スポットを調べて出かけた先がヤマハミュージアム。これは楽器のヤマハでなく、オートバイ、つまりヤマハ発動機の方のミュージアムだ。
中に入ると、ぴかぴかのバイクがずらりと並んでいる。奥のほうには車のエンジンやモーターボートのエンジンが展示されてる。ヤマハがトヨタ車やボルボのエンジンを作っていたとは知らなかった。
車のエンジンを見てるとなぜかヒトの心臓を思い出す。機能的にはいうまでもなく、形がさえもどこか似ていると思うのだが。
バイクの部品も展示されていて、それはもう技術の粋を集めた工芸品みたいな美しさを持っていた。こういったものを見ていると、機械に命を吹き込むのは可能かもしれない、とふと思う。
PR
with Ajax Amazon