忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「セルフプロデュース」セミナー体験記#1

市の主催で、女性向けのセミナーがありまして、広報で見かけて興味を覚えたので、深く考えずに申し込んだら、「抽選の結果参加していただけることになりました」とのこと。これはサボるわけに行かないと、あわててスケジュールに押し込んで出かけてみる。

4講座がセットになっておりまして、基本的に毎週土曜日の午前中に開催。第一回は「笑顔でコミュニケーション」主に自分のための覚え書きとして、軽く内容をさらっておきます。



今回受けた内容は、実践中心で、二人一組で笑顔の種類を当てあったり、楽しかった出来事をインタビューしあう、ブレインストーミングで「笑顔になるもの・こと」をできるだけたくさん書き出す、など。

最初から会場は盛り上がりっぱなし。もともと女性はおしゃべり好きな人が多いし(もちろんそうでない人がいるのもよく知っている)、自分のことを話したがる人も多いので、ヒーローインタビュー方式で自分の楽しい体験を聴いてもらえると、それだけでテンションが上がる。その状態でブレインストーミングをすれば、「笑顔になる瞬間」=「気分が良くなるもの・こと」が次から次へと出てくるし、楽しい。

コミュニケーションのスキルを磨く方法はいろんな種類があるだろうけど、この講座の場合は「笑顔」をキーワードとしているところが取っ付き易いのだろうなと思った。「コミュニケーション」というと、どうしても苦手意識を持つ人が多いと思うが、「コミュ=楽しい」という体験を積めば、どんどん苦手意識は減ってゆき、むしろ積極的に人と接することができるようになるのだろう。

ただし、自分の場合はその楽しさにトラップがあって、人と話しているその瞬間は楽しくても、後からものすごい精神的な疲れが襲ってくること、楽しすぎるとタガが外れてつい、空気読まない発言をして周囲を固まらせてしまうので、そうしないためのコントロールがしんどいこと、など、適正なコミュニケーションをするには、課題がいろいろある。

最後に講師のお話で、とても印象的だったのが「負けるが勝ち」だった。あるいは「負けるが価値」と言ってもいい。負けることによって、人生で大切なものを学び取ることができる、という内容だった。しみじみした。でも最近、大切なところで負けてばかりなので、そろそろ勝ちが欲しい時期。





PR
with Ajax Amazon