忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

いろいろ変わりました

ご無沙汰しています。
ブログが更新できなかった間に色々ありまして、先月いっぱいで、オーケストラ活動をいったん休止することにしました。その代わりと言ってはなんですが、ピアノを習い始めることに決めました。子どものころからずっと憧れていたにもかかわらず、これまでレッスンに通うチャンスに恵まれなかったのですが、ようやく念願叶います。

ということで、このブログのタイトルも「ピアノ弾きの微妙にズレた日々」へと変更することに。
……なるわけありません。

April Fool!









すでにご存じの方もいらっしゃいますが、先月は非常に濃い一ヶ月でした。

家人の実家が火事になって義父入院→お犬様がくる→娘卒業式→娘高校入試→関東・東北大震災→息子卒業式→合格発表→入学説明会→義父亡くなる→お通夜・葬儀→鬼のような後片付け→二人とも進学するため、子ども部屋を改造←イマココ。
という具合で、このイベントのすき間をぬって、焼けた家の片付けあり、新しい仕事の新人研修あり、高校入学を控えて制服や携帯など各種買い物あり、で、パソコンの前に座るヒマもありませんでした。

ざっくりまとめてみると、主人の実家の代替わりがあったということ、子どもたちがそろって進学するということ、自分が新しく仕事に出ること、の3つの大きな変化があり、これが一度にやってきたがために大変なことになってたわけです(お犬様の世話も含めると4つ)。おりしも東日本では地震+津波+原発事故に見舞われましたが、本当に他人事とは思えませんでした。

これだけ大変化に見舞われると、人間なんて運命の輪にのせられて回ってるに過ぎないのかも、と思ってみたり、人生にも no point of returen=帰還不能点があるんだなぁと感じ入ったりします。もうお正月に帰る家はないし、義父もいない。今後、身内が集まる場所が欲しければ、新しく作るしかありません。

「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、まさにそんな感じで。

なので、最近は本屋や図書館に入っても、何かを読みたいとまったく思えなくなりました。どんなに優れた物語も結局は作り物でしかないからです。それ程までに現実の持つ破壊力は凄まじい。
PR
with Ajax Amazon