忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

お洒落は気合いだ

読書記録ばかり続くのも殺風景なので、たまには日常話を。
あ、その前に拍手ポチポチありがとうございます。特に読書記録に拍手を頂けると、多少なりとも本の紹介が役に立っているのかなと嬉しくなります。

さて。
今年の春は寒暖の差が異様に激しい。半袖Tシャツが欲しくなる日が来たかと思えば、直後には真冬の寒さ。おかしい。「暑さ寒さも彼岸まで」のはずなのに、未だにストーブが活躍中。
にもかかわらず、今週の半ばに冬物の片付けを決行してしまった。
我が家には「4月になったら冬物は着ない」という不文律があって、それはアパレル系の会社に勤める家人の影響だし、まあ、私も一時期は同じ会社に身を置いていたわけで、まわりはファッションにこだわる人だらけだった。そういう人たちは季節の変わり目が他の人たちより一足早く、実際、販売員の女の子たちは、お盆を過ぎたらいくら暑くても秋物を着て、3月になれば背中にカイロを貼り付けてでも春物を着る。「伊達の薄着」とも言うけど、それはファッションに携わる者のプライドみたいなものかな。

息子が幼稚園に通っていた頃、PTAの仕事を引き受けたことがあって、一緒に仕事をした人の中にすごくお洒落な人がいた。一度その人の自宅にお邪魔したことがあるのだが、内装や家具もことごとくこだわりのあるデザインで、何より感心したのは、お金をかけず、百均グッズ+DIYで「こんな雰囲気に飾り付けたい」を実現していることだった。
「お金がないから部屋を綺麗に飾れない」とか「お洒落ができない」というのは、単なる言い訳にすぎないなぁとその時思い知った。センスとアイデアが重要なのは言うまでもないが、一番大切なのは「わたしはこういうスタイルで暮らしたいの!」という気合いだね。

先日、大須へ春の服を探しに出かけた。お店のおねえさんたちは、寒さに負けず、ちゃんと春の服で出迎えてくれましたとも。もちろん下着はヒー○テックだったり、こそーりとカイロを貼り付けていたりするわけで。皆さん頑張ってます。

それにしても、桜に雪が積もる春なんて、やっぱり異常だよねぇ。

PR
with Ajax Amazon