忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

この子何の子?


お犬様シリーズ・お手入れ騒動編。
この犬、種類は何でしょう?




柴犬っぽく見えますが、正体はポメラニアンです。ポメのくせに体重は4キロ。太っているのではなく、体格が大きいのです。
ポメラニアンの祖先はサモエド犬という話ですが、まるでそのサモエド犬に先祖返りしたかのような面構え。さらに、あのキャンキャン鳴く声で悪名高いスピッツの親戚でもあるそうで。どうりでうるさ(以下略)。さらにさらにどうでもいいことですが、私が幼稚園児だったころ、近所にうるさくて恐いスピッツがいまして、何度か噛まれそうになって犬恐怖症に……。ただ今治療中。

ポメラニアンという犬の歴史についてはこちら→http://www.dogfan.jp/zukan/toy/pomeranian/index.html

さて、本来長毛種のポメがなぜシバになってしまったか。
いきなりアレな話で申し訳ないが、引き取ったとき、この犬はかなり臭かった。体臭・口臭・糞尿の臭いetcが入り交じっていて、家人は絶対に家の中に入れたくないと言った。
しかし、素人がシャンプーするのも恐い。専門家に頼もうと、ペットショップでトリミング&シャンプーの予約を申し込もうとしたら、「予防接種の証明書はありますか? 狂犬病と混合ワクチンの」。

混合ワクチン? 狂犬病だけじゃなくて?

これが第一の関門だった。引き取ってきた愛犬手帳を調べるに、狂犬病は毎年受けているものの、ジフテリア予防を含む5種混合ワクチンは、この数年記録がない。もとの飼い主さんに確かめると、確かに混合ワクチンは打っていないということだった。
これはつまり、ペットショップ以前に獣医さんのところへ行けと、そういう話なわけだ。

それから約一週間後、近所で信頼できそうな動物病院へ連れて行く。予防接種の前に簡単な体調チェックがあり、その時はまず毛玉の多さに驚かれ、次いで歯を埋めてしまうほどの大量の歯石に驚かれた。口臭の原因はこの歯石。実はこの犬、ペットフードの好みが激しくて、特定の小粒タイプしか食べないのだが、その原因は歯石にあるのかも。そこで歯石を取ってもらえるかどうか尋ねたら「麻酔が必要なので体調のいいときに」と言われこれもちょっと手がかかりそう。

予防接種が終わり、具合が悪くなることもなかったので、さあ次はトリミング、と思って電話予約を入れたが時期が悪かったのか非常に混んでいて、十日近く待たされることになった。毛玉が多いと告げると「朝一番に来てください」と言われた。毛の密度ももつれ具合も半端ない状態だったので(使い古した毛布のよう)トリマーさんは大変だったはずだ。

それでようやく、すっきりさっぱりして帰ってきた時の写真が↑。

面白いことに、毛を刈られた当日と翌日は別犬のように大人しかった。まるで髪を切られたサムソン。もしかするとポメは毛にパワーが宿っているのかもしれない(ウソです)。
その後元気を取り戻したが、無駄ぼえがぐんと減った。汚れてもつれた毛は犬にとってもストレスだったのだろう。
つづく
PR
with Ajax Amazon