忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

そういえばあの頃どうしてたっけ

先日、職場の忘年会があり、たまたま上司の人たちがほとんど欠席したおかげで、ヒラの女性職員がひとところにかたまり、そのノリはまるで女子会で、いつもとは違う盛り上がり。今年の忘年会は面白い発見がいろいろ。



自分のいる部署は全員既婚者である一方、隣の部署の女の子たちは全員独身生活を謳歌している。
と見えて、やはり歳相応にパートナーが欲しいと悩んでいる真っ最中だった。年齢的には20代~30代後半まで。悩みのパターンも、出会いがない(チャンスがないとか時間がないとか)、今付き合っている彼氏がなんともならないので、新規開拓したい、などなど。

「どうしたら結婚に踏み切れますか」と真顔で聞かれると、自分はう~んと唸るしか無く、実際、自分の場合は流れに乗って自然にそうなったようなものだからねぇ。「絶対にこの人といっしょにならなくちゃ!」と強く思って押し進めていったのではなく、「この人なら悪いようにはならないか」という消去法的選択。(今にして思えば、まあそれで良かった気はするけど)

「街コンとかの出会い系イベントは?」と誰かが聞くと、「街コンはあんなり良くないらしいよ」と他の誰かが答える。

もっとお手本になるような人の話を聞けばいいのだけど……と思ったところで、気がついた。目の前の席にいるのは、幸せな結婚の見本みたいな生活を送っている同僚ではないですか。彼女に「結婚に至る極意」はないかと話を振ってみる。

すると……。はい、ものすごいロマンスが引き出されてきて、一同ビックリ。そのロマンスは婚約まで進んだものの、わけあって壊れてしまったのだけど、その後に知り合いの紹介で出会った男性が、伴侶としてとても良い人だったというナイスな結末。今、彼女のご主人はすでに定年退職しているので、仕事に出ている奥さんのために家事いっさいを引き受けているという。他のエピソードもちょぼちょぼ聞くが、やはり良い意味で熟したカップルなのだ。

でも、私が思うにご主人のその優しさやマメさは奥さんの人柄をそっくり鏡のように反映した結果ではないかと思ってる。そのくらい奥さん(=仕事の同僚)は、優しくて丁寧な仕事ぶりだし、また大変な家族思い。良い結婚生活は、あたりまえだけど一人だけの努力じゃ成り立たないよねぇ。

その他、出会いに関する蘊蓄など、もろもろのアドバイスを、20代の女の子たちは真剣に聞いてましたとも。

四十路を超えた今となっては「20代は若くて可能性もたくさんあっていいなあ、体力もあるし」と羨ましく思ったりするけれど、実際その年頃といえば、結婚のことだけではなくキャリアに関しても将来が見えなくて、なのにパワーだけはあって、なかなか悩み多き時代だったなあと懐かしく思い返す。隣の部署の若い子たちもきっとそうなんだろうな。

で、やっぱり良い出会いというのは、時の流れが味方している出会いだと思うよ。自分の気持ちとまわりの状況が呼応している時、と言おうか。
PR
with Ajax Amazon