忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

つまらない上にくだらない話ですみません

今年は定職に就いているので、職場の健康診断を受けなくてはならない。健康診断なんて何年ぶりだろう。高校生の娘がまだ幼稚園に上がる前に一度受けたきりで、あとは忙しいのと特に自覚症状がないせいでずっとほったらかしだった。体調不良があったにしても、原因は間違いなく寝不足なので、休めば治ると、そんな感じでやってきた。

(以下、お食事中の方は閲覧注意)
年を減るごとに診断メニューは増えるらしく、今回はいつもの身体測定+視力・聴力+血液+尿検査に加えて、胃部X線検査と検便が……!

最初は検便なんてどうやって保管してどうやって持ち運ぶんだ?と不安に思っていたが、採取容器を見てあまりの進化ぶりにびっくり。ちょいと棒の先に試料(え?)をつけて液体の入ったカプセルの中に保管なのね。アイスクリームカップの極小版にブツを入れて学校へ……なんていうのは、はるか昔の話。

と、ここまでは前座の話。
実は、胃部X線検査なんて生まれて初めて受ける。まず検査前の注意事項にびびってしまった。検査の12時間前から絶飲・絶食ですと? 絶食はともかく、この真夏の暑い時期に12時間飲み物を取れないとは。それで早朝の時間に検査予約を入れてもらった。
検査当日、待合室でバリウムについての注意事項を読んだ。なになに、バリウムは時間が経てばたつほど排出されにくくなり、しかも固まってしまうと内蔵を傷つける恐れがあると。それで下剤はできるだけたくさんの水で服用するように、と注意書きがあるのだが、その下剤が効いてくるのが夕方から夜って……。そのときは仕事中ですから!
いざレントゲン台にのってバリウムを飲み下すかと思ったら、まず発泡剤だった。その後例の白い物体で、これは意外とするする飲み下せたのだが、その後、胃袋の中にまんべんなく行き渡らせるためだろう、台の上で何度も横転することになった。おまけに撮影台が撮影のためにあちこち傾く。船酔い体質の管理人はどうなることかと思ったが、胃袋が空っぽだったせいか、気分が悪くなることは一切なく、この時はじめて絶飲絶食でよかったと思ったのだった。

その後、少し効き目の強い下剤をもらってたっぷりの水で服用する。12時間、いや、実際には14時間ぶりの水は美味しかった……というのではなく、できれば仕事の前に出すべきものは出してしまいたかった。うん。デスクワークの最中に自然からの呼び出しがかかるという事態は避けたい。

その心配は結果から言えば杞憂に終わった。服用後1時間ぐらいで効き目が現れ始めたからだ。バリウムが腸内を通過するには少しばかり早すぎたけれど、まあとにかく仕事前にお腹が落ち着けばいいのだ。

そして仕事中。エネルギー切れでふらふらするかと思ったら、意外なことにいつもより身体が楽な上に疲れが出ない。何があったんだ自分? と思い返してみた。もしかして12時間の絶食+下剤のおかげで体内デトックスができたのか? 確かに消化器官にとってはちょっとした休養日だし、腸内環境を整備するって大事なのねーと実感した。

これなら半年に1回のペースでもいいかもしれないと思った翌日、激しい腹痛と共にバリウム本体が流されてゆき、そのあとまるで音沙汰がなくなってしまった。48時間以上も。
もしかして最後のひとかけらが栓をしてる? 時間が経てばたつほど体内で固まってしまうという一節が頭の中をぐるぐるする。予備の下剤を飲んだほうがいいのか、でもあれはすでに処分してしまったし……。







その後、医者の世話になることもなく、平常通りに生活してるのでご心配なく。空っぽになった腸内が満タンになるまで少々時間がかかったということらしいです。

PR
with Ajax Amazon