忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

まとめて拍手御礼

拍手を設置してから7ヶ月。
決して数多くはありませんが、ぽちぽちとありがたい拍手を頂いています。どんな記事に好感を持ってもらえるのかが見えてきて面白いです。
カテゴリとしては読書記録が一番多く、あとは適当にばらけています。結構古い記事にも拍手を頂いたりして、それは恐らく検索をたどってこちらにいらっしゃって「面白かった」と感じてもらえた結果なのでしょう。そういう拍手も嬉しいです。

コメントを頂いた場合は、何らかの手段で返信していますが、タイミングや内容によっては返信しそこなってしまったものもあると思います。どうかご容赦を。

以下は私信なので畳みます。
くぼさん>
長くて濃いコメントをありがとうございます。
差し支えなければ、普通のコメント欄を使ってもらってOKですから。

幼い頃の身体記憶は、その豊かさに気がつくと宝箱に変身しますよね。
もっとも、今時の教育産業はよりよい「身体記憶」を増やせとばかりに、子ども向けの色んなイベントを販売してくるので厄介なんですけどね。

>物語に表出しない過去
いいですねぇ。そういう設定を作り込むのは、もう大好きです。夢中になりすぎて本筋を忘れ…orz
物語を読んだりアニメを見たりしている時も、ちらりと過去を伺わせる仕草とか台詞が出てくるとそれだけで胸がいっぱいになったりしますよ。

どうでもいい話ですが、ジャズの古典である"Take Five"を聞くと、いつもテニスボールの跳ねる様子を思い出します。というのも、小学生のある日、家の中でTake FiveをBGMにしてゴム球を壁に打ち付けて遊んでいたのですが、どうしてもリズムに合わせて打ち返せない。できそうでできない。後で気づいたんですが、その曲は5拍子でした。最初からムリだったのです。
PR
with Ajax Amazon