忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

今年の収穫

トイレットペーパー12ロール、キッチンペーパー4ロール、入浴剤1箱、食品保存用ポリ袋1箱、商品券2000円相当。
以上が、本日の町内大運動会で獲得した景品の数々。あとはちょっとしたスリ傷や筋肉痛など。

心配していた金管バンド部の演奏は、インフルエンザのためにトランペットが4人欠けたものの。それ以上欠席者は増えなかったので予定どおり実行。メロディがしょぼくなってしまったは否めないが、なんとか最後まで演奏しきった。やれやれ。
オープニング演奏を終えた子どもたちは、競技に出場する子、親といっしょに帰る子、友達と遊んでから帰る子などいろいろ。なんといっても今日は大人の運動会。競技に出場する人には弁当が振る舞われるし、ジュースもビールも飲み放題(資金はもちろん町内会費から)。先週の子ども獅子が神事を含む表向きの祭りなら、今週の運動会は裏の顔というか、純粋に楽しむための祭り。

楽しむとはいえ、どこの町内会も優勝をかけてかなり本気でバトルする。なので時々けが人が出る。一番多いのはやはり、最後を飾る町内対抗年齢別リレー。昔は鍛えていたが最近ではめっきり運動しなくなったようなオジサンがよく足をもつれさせて転ぶ。あるいはバトンを渡した後に力尽きて倒れるとか。「まだまだ行ける」と思っている人ほど陥りやすいトラップだ。順位も気になるが、危なっかしくてヒヤヒヤすることもある。
あと、怖いのは綱引き。相手チームの体格を見ただけで逃げ出したくなることもあるし、これは勝てると思って余裕でいたら、いきなりグイグイ引きずられてどうにもならないとか。手は痛くなるし、脇腹や二の腕の内側には綱のあとがくっきり。
逆に、町内の順位が関係せず、個人でいい成績が取れたら景品がもらえるというフリー競技もある。スリッパ飛ばしや防災バケツリレー、風船割り競争なんかがそう。これは気楽で楽しい。

管理人のいる町内会は絶対的に戸数が少ないので、健康な若者(40代も若者に入ってしまう……)はたいてい何らかの競技に駆り出される。うちの家族は4人とも出場して、上記の戦果をあげたというわけ。
しかし、疲れた……。朝の8時に家を出て、帰ってきたらもう夕方だ。

PR
with Ajax Amazon