忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

公営スイミングスクール

小学校のプール解放といえば、夏の風物詩。
子どもたちは青空と入道雲の下、水しぶきを上げながら泳ぎ回り、母たちはうだるような暑さの中、子どもたちの見張り役をする。

本日は、1年に1度のプール当番の日。プールサイドの気温33℃、水温34℃なり。自衛策として、冷たいお茶の入った水筒と、タオルにくるんだ保冷剤(←首に巻く)は必須。

参加者は全学年合わせて40人ぐらい。我がまま君やら要領のいい子やおっとりさん、しっかり者まで、色んな子がいるなあと、ネタ探しを兼ねて観察。
指導役は校長先生で、今年は特に熱が入っている。高学年の子達を容赦なく泳がせ、(6年と5年は75メートル、4年は50メートル、3年は25メートルを何本も)低学年にはビート板を持たせてクロールの指導。
途中で足を着いて休憩している子がいると「海では足がつかんぞ~!」「川で流されてしまうぞ~」と叱咤が飛ぶ。途中で具合の悪くなる子がでるんじゃないかと心配したが、彼らはそんなにヤワじゃなかった。(なにしろ、先日300メートル泳いだら、足がつったので←自分)

真面目に通ったら、うちのやんちゃ坊主もこの夏で50メートル行けるだろうかと真剣に考えてみたり。プールに通うかどうかは任意だけども、せっかく厳しく指導してもらえるのだから、行かなかったらもったいない。でも、部活があるし、本人のやる気がイマイチ……というか、プレ反抗期に差しかかっていて、親が「やれ」というと、ほぼ反射的に「いや」と言う今日この頃。
PR
with Ajax Amazon