忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

小女子と春の海

本場(英国)のエイプリルフールは午前中のみらしい。
ここも、そろそろエイプリルフールはお終いにして通常営業に戻ろう。


先だっての日曜日、春の知多半島をドライブしてきた。道ばたの菜の花が全開。
おりしも小女子(こうなご)シーズンで、港のあちこちで水揚げされた小女子を干す光景がみられた。
民宿の食堂で頂いた小女子の佃煮は柔らかくほどよい甘さで、それはもう絶品。

この時期の知多の海は、色々と思い出深い。
学生の頃、オーケストラの春合宿では、毎年知多半島の海辺の旅館にお世話になっていた。
宿の前はすぐ砂浜だったり、部屋の中は一日中ざりざりしていたり、誰が取ったのか、手洗い場にバケツ一杯分のアサリが置いてあったり。
朝から晩まで楽器を弾いた練習の日々は、それはそれは厳しくて恐ろしく、涙無しには語れない。(誇張表現が多少アリだけど)

合宿の帰りに寄り道をして漁港へ大アサリ焼きを食べに行ったら、店のおばちゃんが白いご飯と小女子の佃煮をサービスしてくれて、それが壮絶に美味しかったことを思い出す。

今でもこの時期に海に行くとやたらに懐かしくなるのは、当時の濃い思い出を忘れきれないからなのだろう。
PR
with Ajax Amazon