忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

小学生でディベートとは

先だっての土曜日は、小学校の参観日。休日の参観日なので、父親の参観を前提として趣向をこらしたクラスが多くあった。低学年は体育の授業で親子でゲームやドッチボールをしたり、図工の授業で親子で作品を作ったりする。高学年は親子で介護体験、というのもあった。
それなりに面白いのだが、まあ、半分お遊び? そんな中で、興味深かったのが6年生のディベート(討論会)の授業。たまたまうちの娘のクラスがそれで、かなり本格的なのには驚いた。
ディベートの授業というのはアメリカの小学校などではよく行われているが、あるテーマについて賛成・反対に別れて議論を戦わせ、どちらの言い分がより納得できるものだったかで勝ち負けを競うもの。賛成・反対のどちらの陣営に入るかは自動的に振り分けられ、各個人本来の立場や考えは関係ない。つまり最初からゲームとして意見を戦わせる。まあ、弁護士ゲームといったところか。

さて、娘のクラスはどんなものかと教室をのぞいたら、机がちゃんと両陣営で向かい合わせになるよう並べられ、前には司会が一人、後ろにはジャッジ3人が控えていた。
黒板には討論会の手順として「賛成側第一立論・反対側第一立論(各2分)」という具合に細かく項目が書かれていて、途中で作戦タイム(3分)というのが入り、最後には結論、そして判定とある。

テーマは「弁当より給食のほうがいい」。これについて賛成側(給食派)と反対派(弁当派)に別れ、互いにメリットを主張し、相手方のデメリットを突く。
例えば、弁当は手作りだからいい、いや、弁当は冷凍食品が多いからいやだ、給食は嫌いなものを食べなくてはいけない、いや、給食でも嫌いなものは量を減らせるし、嫌いなものも少しずつ食べないといつまでたっても苦手なままだ、でも給食だとアレルギーのある子は困る……という調子。
たまに細部に入りすぎて、本題からそれた言い合いになることもあるけど、それはご愛嬌。ちゃんと本筋に戻す発言が出る。

ひと通り議論が終わると、今度は相手の発言のいいところをほめる時間になる。あくまでこれはゲームだと認識するために必要なステップなのだろう。その間にジャッジは採点をする。
そして結果発表。三人のジャッジが点数とコメントを述べる。点数をつける基準や判定項目はいくつかあるのだろうけど、それまではわからなかった。今回は給食賛成派が勝ち。

今の時代はこんな授業もありなんだなあ。羨ましい。大人だって、きちんと物事を説明し論理的に話し合うのは難しいからね。
ちなみに、同じ6年生でも他のクラスは普通の授業だったらしい。
PR
with Ajax Amazon