忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

運動会シーズン

 hspace=小学運動会



秋と言えば運動会シーズン。
小学校と中学校、両方見てきたけれど、カラーが微妙に違い、うちの地区では小学校の方が断然華やかだったりする。
とにかく見栄えのする競技・出し物が多くて、定番の組体操・騎馬戦はもちろん、よさこいソーラン節もあれば、PTA参加の大玉転がし、紅白に分かれての応援合戦。
そしてお弁当タイムは家族と一緒に外で食べるのが原則なので、兄弟姉妹はもちろん、じいちゃんばあちゃんまで応援に来て、まるでピクニック。
かつて運動会前に「ビール・タバコはご遠慮下さい」というプリントが配られたほどアトホーム(違!)な保護者席。

左の写真は騎馬戦。危険だからと実施しない学校もあるというし、私もやったことがない。子どもたちが羨ましいかも。
右の写真は開会式。入退場のマーチ、校歌や応援歌は金管バンドの伴奏がつく♪ 隠れてしまっているが、バンドの向こうにはちゃんと児童が整列している。ラッパ隊のどこかにうちの息子君もいるはず。
中学運動会


こちらは中学校の様子。クラス対抗リレーの最中で、クラスの旗を振り回しているところ。
中学は紅白に分かれず、クラス対抗で順位を競うので、派手な応援合戦が見られない。当事者たちは盛り上がるだろうけど、観客としてはちょっと寂しいし、実施されるのが平日なので、保護者の数も少なめ。(それでも他学区に比べたら多いらしい)
その中で一番見栄えのする競技が「部活対抗リレー」(娘談)。
文字通り、文化部・運動部問わず、部活のコスチュームで走る。剣道部は、道着を着て走り、美術部はバトンのかわりに特大筆を使う(←これは冗談)という。ちっ、見逃しちゃったよ。

これで今年の運動会はあとひとつを残すのみ。大人が本気になる町内対抗運動会!
PR
with Ajax Amazon