忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

LPですよ、奥さん

先日、実家で大型スピーカー&レコードの洗礼を受けてきたうちの子どもたち。
今日は下の息子が、私のお宝LP(学生時代に小遣いをはたいて手に入れたもの)のうち、ナウシカのサントラを発掘してきた。「CDよりレコードの方が音がいいんだよね」と言いつつ、じっとリビングの片隅に鎮座するレコードプレイヤーを見つめる。
レコードの方が音質がいい、というのは好みの問題もあるし、それ以前にレコードを鳴らすにスピーカーやアンプのちゃんとしたセットが必要だから、必然的に迫力のある音になるというか、CDラジカセやヘッドフォンで聞くMP3の音と比べたら、そりゃ格段にいいはずだ。それで息子にターンテーブルの扱い方を教えつつ、レコードをかけさせた。すると娘も寄ってくる。

やっぱりええのう。
あの頃はジャケットやライナーノーツも結構凝っていたりサービスがよかったりして、ナウシカのサントラにはスコアの一部など、譜面がオマケでついていた。曲作りをする娘は興味しんしん。
部屋全体に音が広がる感覚が懐かしいし、リビングでみんなで同じレコードに耳を傾けるという行為がいい。

今って、音楽はみんなで聞くもの、ではなく、それぞれが勝手に好きな音楽をヘッドフォンで聞く、しかも何かをしながら、というスタイルが主流になっていて、我が家も結構そんな感じなので、家族でテレビを見るような感覚でレコードを聞く体験は新鮮で久しぶりだった。音楽がBGMではなく主役となる時間。

もともとレコードという媒体は途中でA面とB面をひっくり返さなくてはいけないなど、扱いが面倒なので、「ながら聞き」には向かない。音楽とガチで向かい合う、というスタイルがしっくりくる。だからこそ、LP時代はポップスなんかでも「アルバム」という一種の組曲スタイルが流行ったんだろうな。例えばオフコースの「OVER」などはアルバムとして最初から最後まで通して聞くと、あまりの完成度の高さに惚れそうになるのよ。(もうとっくに惚れてるけど)
PR
with Ajax Amazon