忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

So, this is Christmas!



数あるクリスマスソングの中で、↑が一番好きです。


ちなみに公式動画はこちら→ http://youtu.be/yN4Uu0OlmTg
戦争で手足を失った人や亡骸が多数登場しますので、強い人にしかお勧めできませんが、この一年を思えば、この公式動画のほうがよりふさわしいのかもしれません。


(続きを追加・右下にリンクあります)
今年のクリスマスイブは職場で迎えたわけだが、もともと土曜日のせいもあって、いつもより静まり返っていた。若い人もそうではない人も、今日はさっさと帰ってしまう。約束とかあるんだろうなぁ。

夕食の時間帯になると、夜枠で部屋を借りるお客さんが来る。習い事やお稽古事で利用する人たちだ。その人達も今日は「クリスマス会」を開く。しかもご馳走持ち込みで。

空きっ腹を抱えて事務所に詰めている身には、たとえ微かであっても食べ物の匂いはこたえる。また、今日に限っておやつを忘れてくるんだな。家の冷蔵庫で眠っているチキンのことを思いつ、コーヒー一杯でやり過ごす。
相方の事務員さんは、孫が居る年頃なので、イベントだのクリスマスディナーだのはあまり関係ないらしい。が、嫁いだ娘さんから「メリークリスマス」のコールをもらったせいか、いつもよりテンション高め。

お客さんが全員帰って、戸締りを確認する時間になると、警備員のおじさんたちが事務所へ詰めに来る。私たち事務員が帰ったあとは彼らが事務所のお守りをすることになっている。
そのおじさん(実際は60〜70代の人たちなのでおじいさん?)のひとりがぼやく。「クリスマス会とか言って、子どもをダシにして親が遊んどる」「こういう日は若い連中は忙しいから、年寄りに仕事がまわってくる」などなど。
ええ、今時の言葉で言えば「クリスマス爆発しろ」系ですね。

そして夜更けに帰宅すると、家人は寝てるし、子どもたちは各自部屋にこもっているしで、ひとりでチキンをチンしてひとりでクリスマスごはんを食べた。

……ん? 正確にはひとりじゃないな。犬がいた。犬がチキンの残りかすをねだりに、しっぽを振って突撃してきたんだった。

そんなこんなで、みんながそれぞれ平和にクリスマスを過ごしていますように。
PR
with Ajax Amazon