忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

へーんしーん!

といっても仮面ラ☆ダーの類ではなく、メロディのこと。娘の通うピアノ教室では、エレクトーンも教えていて、活動の1つとして毎年サウンドフォーラムという企画を他の教室と合同で行っている。エレクトーンを使って、与えられたお題を自由に味付け・編曲しましょうというもの。毎年秋に募集が始まり、発表は翌年の1月ぐらい。
ふだんはピアノの練習をしている娘も、先生(と親)に勧められて参加(今年が初めてではないが)。バッハの「ミュゼット」を使ってアレンジに挑戦してみた。
そして今日がその発表会。ただ、出演者は必ずしも舞台で演奏する必要はなく、発表会に出られない場合はFDに演奏データを録音すれば、本人不在でもエレクトーンが演奏してくれる。
いやはや、一昔前はエレクトーン≒電子ピアノだったのに、今ではもはや鍵盤を備えたコンピュータに近いね。

昨年まではFDで出場していたが、今年は時間もとれたし、他の生徒さんがどんなアレンジをするのか聴いてみたくて(娘ではなく、親が聞きたいというのがミソ)会場まで足を運んだ。
1つのメロディからさまざまなアレンジが生まれる様は、まるで1つの「お題」からさまざまな物語が生まれるのと同じだなぁと興味深く聞いた。娘が選んだ「ミュゼット」にしても、彼女はひとつのフレーズをいろんな国のテイスト(ハワイアンとかアイリッシュダンスとかフラメンコなどなど)で表現して世界旅行を試みたし、小学生のある男の子は勇ましい前奏と効果音で見事に戦隊ものに仕立てていた。効果音が面白くて、ドアの開閉の音、爆発音、ぼこぼこ殴る音、のど自慢の「鐘1つ」など何でもアリで、ドラマでもつくれそうなぐらいそろっている。

ここでふっと思った。エレクトーンはサイボーグとよく似てるなと。技術力を駆使し、どんな音でも作れるようにした究極の鍵盤楽器と、やはり科学の力を借りて究極に強い力を持たせた改造人間は、根っこで発想が似てる。……ような気がする。
もちろんエレクトーンは武器にはならないけど、何ていうのかな、自然の中に存在していたある要素を取り出して、人為的に強化し、人の手で簡単にコントロールできるようにしようという働きかけが似ているように思える。
うーん、発想が少々突飛かな。あ。物語のネタが降ってきたので、ここで強制終了(笑)。
PR
with Ajax Amazon