忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

モーツァルトがいっぱい

来年の定期演奏会で弾く曲が決まったので、それらの曲が入ったCDを某熱帯雨林で注文した。届いた箱を開けてみれば、モーツァルトだらけ。

大ミサ曲に、序曲集、そしてピアノコンチェルト。

演奏会のプログラムはこんなかんじ。

モーツァルト 序曲「コシ・ファン・トゥッテ」
         モテット「エクスルターテ・ユビラーテ」
         ピアノ協奏曲 第27番
シベリウス 交響曲第2番

モーツァルトの3曲を集めようとすると、どうしてもCD3枚を買わなくてはいけない。どうせならカップリングの美味しそうなものをと考えた。(モテットは大ミサ曲の後ろにくっついていたし、Pコンは25番とのカップリング)

3枚のなかで一番気に入ったのはピアノコンチェルト。→
内田光子のピアノが心に染み入る。モーツァルトがヒーリングにも効くのだと初めて納得した。

あ、でも今聞いているモテットもいいなあ。ソプラノ歌手(マリア・シュターダー)の声がすてき。
PR
with Ajax Amazon