忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

リュートは意外に軽い

昨日、家族で大須までウィンドウショッピング。特に目的はなかったので、豊田タンスに寄ってもらった。目当ては見事な木目の家具ではなく、店長が自作しているというバロック楽器の数々。見るだけでなく、実際に音を出せるという。やっぱり楽器は触って音を出してなんぼだからね。
まずはオルガン。サイズは小~中までさまざま。小はひざに乗せて演奏するポータブルタイプのオルガンで、鍵盤の後ろにふいごがついている。アコーデオンの親戚みたい。中は、小さなクローゼットぐらいの大きさで、鍵盤の下に電動式ふいご、後から上部にかけては音を鳴らすパイプがぎっしり。あとは、手回しオルガンも。
実際に音を出させてもらって意外だったのは、とても縦笛に近い音がすること。実は、パイプは木でできていて、引き取った家具を再利用して作ったものだとか。もちろん、本来のパイプオルガンも木製、しかもオーク材を使って作られているのだという。

次はリュート。写真ではよく見かけるが実際に触るのは初めてで、ちょっとドキドキした。小型のリュートはウクレレぐらいの長さ。(胴はもっと大きい)もって見ると拍子抜けするほどに軽い。1コースに2弦ずつ張られていて、低音部は和音になるように音程を違えて、中~高音部は同じ音の弦を2本ずつ(これはメロディラインを強く出すためかもしれない)だった。弦の張力はギターに比べてずい分低い。軽くなでるだけて音が出る。噂どおり、軽くてきれいで優雅な音色。
驚いたのは、可動式フレット。ギターは金属製のフレットが棹に固定されているけど、リュートのフレットは太いテグス糸のようなものが棹に巻いてあり、簡単にずれる。これで微妙な音程を合わせるらしい。うーむ、フレットに関してはバイオリン族とギター族の中間。

もう一つ、プサルテリウムという、木箱の上にスチール弦を張った、琴のような楽器も触らせてもらった。持ち運びを前提にしているらしく、サイズはひざに乗る程度。こちらも手作り。弦として使われているのは、近くの金物屋(?)で買ってきたという極細の針金。それでも楽器らしい音がでる。少々チープな響きもまた良し。

と、この辺で満足して店を出てきてしまったのだが、家に帰って気がついた。肝心かなめのビオラ・ダ・ガンバを触ってない!
PR
with Ajax Amazon