忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

冬はこれ

B00005HP6Dチャイコフスキー : 交響曲第1番「冬の日の幻想」&序曲「1812年」
スヴェトラーノフ(エフゲニ) ロシア国立交響楽団 チャイコフスキー
ポニーキャニオン 2000-11-22

by G-Tools


先週あたりから冷え込みが厳しくなった。冬の空気を感じると、この曲が頭の中をかけめぐる。でも、1番のシンフォニーは、チャイコの交響曲の中では比較的マイナーなのね。録音も少ないし。なんでかなぁ。バリバリ鳴る低弦と金管、それに対して高弦と木管が優美で哀愁漂うメロディを奏でるという対比が素敵な曲なのに。大きな声ではいえないが、4番よりずっと好きだ。

序曲「1812年」は、曲中で本物の大砲を使用することで有名。楽器編成表には本当に「大砲」と書かれているそうで、バスドラムで代用されることが多いものの、本当に大砲をぶっ放した演奏や録音もある。初演時に本物の大砲が使用されたというエピソードもあるが、これは確証がないらしい。
大砲のほかに、ラ・マルセイエーズ(←ナポレオンの侵攻を意味する)やロシア民謡がとびかい、賑やかしいのを通り越して騒々しい曲だが、本来の「式典用」という用途を考えるとこれでいいのだろう。
PR
with Ajax Amazon