忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

当たりか外したか

カラ KALAカラ KALA
M.I.A. ティンバランド アフリカン・ボーイ

by G-Tools


娘へのクリスマスプレゼント。
今年の秋に、この中に入っている"Jimmy"がよくFMで流れていて、それを車の中で聞いた娘はすっかり気に入ってしまった。ならばCDごと聴いてみよう!となり、サンタに成り代わってプレゼント。
ところが、このM.I.Aというアーティストはかなりのツワモノ&クセモノで、いちおうポップス系なのだが海のものとも山のものともつかないサウンドを提供してくる。何しろ、世界中を回って音をサンプリングしてくるので、その土地独自のビートが入っていたり、どこか土臭さが混じっていたり。全曲通してみれば、娘は(ダンナも)理解不能の世界に放り出された模様。

もしかしてまともに楽しんでいるのって、母だけ?
インド音楽をアレンジした太鼓のリズムとか、アボリジニの少年たちの素朴なラップとか、面白いんですけど。
娘へのプレゼントを口実に、さりげなく自分へのプレゼントを贈ってしまった、なんてことはないですからね。(^_^;)
PR
with Ajax Amazon