忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

敵地視察

実際は敵地ってほどでもない、近所のオーケストラの様子伺い。

地元のアマチュアオーケストラの定演があったのだが、今度自分たちが弾くブラームス2番を演奏するというので、どんな具合に弾いているのか、仕上がりのレベルはどれくらいなんだろうか、パンフの内容は? などなど気になることがあって、たまたま時間もとれたので、チェックを兼ねて聴いてきた。

プログラムは次の通り。

J.シュトラウスⅡ 「ジプシー男爵」序曲
ベートーベン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
ブラームス 交響曲第二番
このオーケストラは、前にも思ったけれど弦楽器は上手い。すくなくともうち(Nフィル)よりは。音質はもとより、弓の使い方がぜんっぜん違う。良いトレーナーがついているからだろうけど、羨ましいな。
その代わり管楽器がアレだ。音は硬いし、ピッチもつらいときがあるし、特にHrのおじさんが……(げほごほ)なかなか両方上手くはいかないもので。

良く見ると、舞台上にちらほら見知った顔が。出演者名簿で確認したら、やはりNフィル関係者だった。幻想とブラ2をかけもちできるなんて凄い。
っと! ブラ2でビオラトップを務めているのは確かNフィルでバイオリンを弾いているあの人では? 名簿を見ると、前半ではバイオリン、後半ではビオラで出演となっている。こんなところでビオラデビューしてるなんて〜〜! 

お客の入りはうーん、客席が半分も埋まってない感じ。前に聞きに来たときもそうだった。客層は年配の人が多い。それでなければ同業(?)者。もったいないな。

あと、このオケはバックにトヨタがついている。「トヨタコミュニティコンサート」の一つとして支援を受けている。実際それでどのくらいの利益が得られるかはわからないけれど、こういう支援をちゃっかり取り付けるあたり、土地柄が出てるのかな。
PR
with Ajax Amazon