忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

耳虫パート2

以前、このブログで「耳虫」なるものについて書いた。
あれから我が家では「耳虫」という言葉が定着して、最近では娘が「ソーラン節が耳虫になって困る」と言う。運動会で踊る曲だ。さもありなん。

自分の場合では、最近ちょっと意外に思った耳虫がある。
シューベルトのアルペジョーネソナタ。
万博が終わった翌日、閉幕の様子を流すテレビを見ながら、あるいは前日までのにぎやかな会場を思いながら、頭の中ではずっとアルペジョーネの1楽章が鳴りつづけていた。
この曲、確かに物寂しげな雰囲気があるものの、何かの終幕を表現したような曲ではない。
なのに、自動的に頭の中を繰り返し流れるのだ。

思い当たる理由が一つある。
この曲を集中的に聴いていた時期と、自分の中で何かが終わった時期が重なっていたという可能性だ。
たとえば、悲しい出来事があったときにある曲(どんな曲想でもよい)を頻繁に聞いたとする。すると、次に悲しい出来事があったときに、やはりその曲が頭の中に聞こえてくるのではないか、つまりパブロフの犬みたいなものである。

何かが終わった時期ねぇ。

……。

うーん、まだ痛くて文字に乗せることができないかも。
PR
with Ajax Amazon