忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

今年の総括がカオスになりそうな件

昨年と同じく、そろそろこの一年のまとめをしようかと思って、過去の記事や年初にたてた目標などを読み返してみた。
すると恐ろしいことに、今年のポイントといえることが多すぎて、とても数箇条にまとまりそうにない。いったいどんな年だったんだ……。
ということで、今年は趣向を変えて振り返ってみることにする。
以下は、2013年のさそり座年間占い(by 石井ゆかり)。この星のお告げを軸にしてまとめてみようと思う。
生活を構成するものがどんどん変わっていくでしょう......
あるいは「生活」そのものが
いつもとちょっと違った状況に置かれるのかもしれません。
たとえば、一つの場所に生まれてから死ぬまで暮らす人が
人生のうちで何度か、
半年、1年という時間をかけて長い旅をすることを想像してください。
「生活」という言葉は、
固定的・持続的な時空において、
毎日一定の手順が繰り返されていく様を想像させますが
旅から旅への人々にも「生活」は存在しますし
人生全体を見れば「旅から旅へ」でない人でも
一時的に「旅から旅へ」の状態に置かれることはあるだろうと思うのです。
2013年、さそり座の人は
「毎日繰り返される安定したパターン」というイメージの「生活」とは
ちょっと違った「生活」を送ることになるようです。
見慣れた風景の中に常に見知らぬ人が出入りをしたり、
短期間に居場所を転々と変えてみたり、
あるいは、受験勉強とか子育てなど、
長い人生から見ると生活全体を1つのテーマに「投入」してしまうような
ちょっと特別な生活を営んだりすることになるのかもしれません。
少々落ち着かない感じがあるかもしれませんが
この、変化に富んだ「生活」は、
貴方の精神や人間関係、価値観などを
勢いよくリフレッシュしてくれそうな感じがするのです。
どうやら2013年のキーワードは「旅」「変化」「一時的な投入」「精神的環境のリフレッシュ」ということだったらしい。


「旅」といえば、そのものズバリの上海旅行。3月、子どもたちの春休みに合わせて出かけた。現地でいろいろ見て回り「日本はすでに追い越されている」ことを実感。日本を外から見る意味でもなかなかよい体験だった。感想はこちらに→
それからもうひとつ、「旅」に近い体験が、あいちトリエンナーレ。全会場制覇を目指して名古屋市内を走り回るが残念ながら岡崎会場を取りこぼしてしまった。これは場所的な移動を伴うのはもちろん、さまざまなタイプの作品を見ることで、精神的にもいろいろな場所へ連れて行ってもらった。

「変化」これはねー、あまり実感がなかったが、細かいイベントがやたらに多かったのは確か。中学校PTA委員としてのお仕事(これが予想外に大仕事になったのは11月の記事に詳しい→)、同じく11月の女性セミナー(こんな感じ→)、コンサートや美術展を見に行く、イヌの世話&お見送り、色んな友人とデートしたりランチしたり温泉行ったり、二ヶ月に一度は読書会を開いたり。今年はお葬式がやたらに多かったのも変化のうちかな。

「一時的な投入」は、もちろんありましたとも! 町内会長のお仕事。この一年は至らないながらもたっぷり町内会のお世話をさせて頂きました。その過程で「へぇ~」とか「実はそうだったのか」など気づくこともたくさん。
子どもたちが二人そろって受験生になったことも、ある意味自分を受験体制に「投入」した、と言えるかな。塾を選んで通わせたり、学校見学に連れて行ったり、盛大な愚痴の聞き役になったり、何より健康管理に気を遣う。(おかげで自分の体調も至って良い)
逆に、あえてこの一年は楽器に触らないという「一時的な非投入」もあった。それは↓に続く「今年の目標」を達成するためでもあったのだけれど、この「非投入」が結果的にどう出るかはまだまだわからない。

あと、星占いと関係なく自分でやろうと決めたこと
今年の目標は「たくさん読んでたくさん書く」だった。
たくさん読む、については、本・電子書籍が79冊、コミックが75冊。決して多いとは言えないが昨年の倍なので、まあ良しとする。内容的にも満足。
たくさん書く、についても公募に3件(短編、中編、長編それぞれ1作ずつ)出すことができたので、ここ3年の停滞ぶりを思えばまあ良し。内容的にはまだまだだけどね。新しいネタはいくつかパソコンの中で熟成中。

そして肝心の「精神的環境のリフレッシュ」はできたのだろうか。
こうして振り返ってみると、あたかも一日26時間あるような勢いで生活してきた感にあふれているが、逆に落ち着いてじっくり内省する時間がなかったのも確かだ。振り返りをしても頭のなかはカオスが渦巻くばかりで、それぞれのイベントにあまり意味付けができてない。もう少し時間をかけて整理してゆけば、きっと高い経験値へと変化するに違いないと、今後に期待しよう。

ただ、現時点で「新たな境地に辿りつけたかも」と思えるのがコミュニケーションに対する考え方(残念ながらスキルを獲得するまでには至っていない)。沢山の人と色んな話を交わし、体験を共有した結果「そんなに恐がったり面倒臭がらなくてもいいんじゃないか」と思うようになってきている。行動が変化するまでには、やはりもう少し時間がかかるけどね。


あ、ちなみに2014年の星占いでもさそり座は、またまた物理的あるいは精神的な「旅」をすることになるらしいです。何処へ行くのか、自分。
PR
with Ajax Amazon